The Japanese journal of antibiotics  53(4)(511)

日本抗生物質学術協議会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 21 (1) 1968.02~36 (10) 1983.10 ; 57 (6) (通号: 556) 2004.12~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;編者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号);21巻1号(Feb. 1968) - 52巻12号(Dec. 1999) ; 53巻1号=508号(Jan. 2000) -;出版者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 新生児におけるパニペネムの薬物動態および至適投与量の検討 / 木村利美
  • 国分秀也
  • 島田慈彦
  • 西迫真
  • 野渡正彦
  • 小口弘毅
  • 松浦信夫
  • 野々山勝人
  • 砂川慶介 / p185~193
  • Pseudomonas aeruginosaに対するPiperacillinおよびImipenem/Cilastatinとアミノ配糖体系抗生物質とのin vitro併用効果 / 山城芳子
  • 大懸直子
  • 高畑正裕
  • 南新三郎 / p194~200
  • 尿路感染症分離菌に対する経口並びに注射用抗菌薬の抗菌力比較--第20報1998年 その1. 感受性について / 熊本悦明
  • 塚本泰司
  • 広瀬崇興
  • 松川雅則
  • 国島康晴
  • 荻原雅彦
  • 石橋啓
  • 茂田士郎
  • 渡辺純子
  • 吉田浩
  • 今福裕司
  • 村井勝
  • 渡辺清明
  • 小林芳夫
  • 内田博
  • 松田静治
  • 佐藤新一
  • 藤目真
  • 藤田和彦
  • 猪狩淳
  • 小栗豊子
  • 山口惠三
  • 松本哲哉
  • 樫谷総子
  • 大江宏
  • 西川美年子
  • 岡聖次
  • 高野右嗣
  • 宮川康
  • 古濱俊成
  • 河野茂
  • 宮崎義継
  • 泉川公一
  • 山口敏行
  • 餅田親子 / p201~233
  • 尿路感染症分離菌に対する経口並びに注射用抗菌薬の抗菌力比較--第20報1998年 その2. 患者背景 / 熊本悦明
  • 塚本泰司
  • 広瀬崇興
  • 松川雅則
  • 国島康晴
  • 荻原雅彦
  • 石橋啓
  • 茂田士郎
  • 渡辺純子
  • 吉田浩
  • 今福裕司
  • 村井勝
  • 渡辺清明
  • 小林芳夫
  • 内田博
  • 松田静治
  • 佐藤新一
  • 藤目真
  • 藤田和彦
  • 猪狩淳
  • 小栗豊子
  • 山口惠三
  • 松本哲哉
  • 樫谷総子
  • 大江宏
  • 西川美年子
  • 岡聖次
  • 高野右嗣
  • 宮川康
  • 古濱俊成
  • 河野茂
  • 宮崎義継
  • 泉川公一
  • 山口敏行
  • 餅田親子 / p234~248
  • 日本抗生物質学術協議会奨励賞講演会記録 / 紺野昌俊
  • 堀誠治
  • 三笠桂一 / p249~260
  • 1999年度受賞講演 キノロン薬と抗炎症薬の薬物相互作用による痙攣発現機序に関する研究--薬物相互作用からみた抗炎症薬の分類と構造活性相関 / 堀誠治 / p249~252
  • 1999年度受賞講演 原発性肺癌治療におけるBiological response modifier(BRM)としてのマクロライド薬の有効性およびその作用機序に関する研究 / 三笠桂一 / p253~260

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 The Japanese journal of antibiotics
著作者等 日本感染症医薬品協会
日本抗生物質学術協議会
書名別名 The Japanese journal of antibiotics

The Japanese journal of antibiotics
巻冊次 53(4)(511)
出版元 日本感染症医薬品協会
刊行年月 2000-04
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03682781
NCID AN00002626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00000266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想