The Japanese journal of antibiotics  21(5)

日本抗生物質学術協議会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 21 (1) 1968.02~36 (10) 1983.10 ; 57 (6) (通号: 556) 2004.12~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;編者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号);21巻1号(Feb. 1968) - 52巻12号(Dec. 1999) ; 53巻1号=508号(Jan. 2000) -;出版者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Polymyxin Bにかんする研究 / 上田//泰 / 247~249<8099015>
  • 抗生物質の体内分布に関する研究 クロラムフェニコールの鶏体内分布と消長について / 米沢//昭一 / 250~254<8099016>
  • Hetacillinの耐性赤痢に対する治療効果 / 内藤//伝兵衛 / 255~256<8099017>
  • 皮膚科領域におけるMethyldichlorophenyl isoxazlyl penicillin(Staphcillin A)の使用経験 / 中井//悠斉 / 257~259<8099018>
  • 尿から分離される細菌の種類と抗生物質感受性について / 吉岡//一 / 260~266<8099019>
  • 各種グラム陰性桿菌のDemethylchlortetracycline(Ledermycin)にたいする感受性について / 小沢//敦 / 267~273<8099020>
  • Dicloxacillin(Staphcillin A'Banyu')に関する薬理学的研究 / 松崎//明紀 / 274~283<8099021>
  • Dicloxacillin(Staphcillin A'Banyu')の毒性について / 松崎//明紀 / 284~310<8099022>
  • 抗生物質文献 抗生物質に関する国内文献 LXXXXVII / / p311~319
  • 抗生物質文献 外国抗生物質文献 LXXII / / p320~330
  • 抄録 Polyoxinの各成分(前号p.191の続き) / / p259~259
  • 抄録 Monensin(HANEY & HOEHN,Antimicr.Agents & Chemoth.1967:349,1968 and others) / / p266~266
  • 抄録 Penicillin,Cephalothin,Chloramphenicol混合液の検定(SABATH,LODER,GERSTEIN & FINLAND,Appl.Microbiol.16(6):877,1968) / / p273~273
  • 抄録 Nebramycin(STARK,HOEHN & KNOX,Antimicr.Agents & Chemoth.1967:317,1968) / / p283~283
  • 抄録 Cephaloglycineの抗菌力と血中・尿中濃度(APPLESTEIN,CROSBY,JOHNSON & KAYE,Appl.Microbiol.16(7):1006,1968) / / p310~310
  • 雑録 Antimicrobial Agents and Chemotherapy 1967(新刊紹介) / 八木沢 / p249~249,256~256

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 The Japanese journal of antibiotics
著作者等 日本感染症医薬品協会
日本抗生物質学術協議会
書名別名 The Japanese journal of antibiotics
巻冊次 21(5)
出版元 日本感染症医薬品協会
刊行年月 1968-10
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03682781
NCID AN00002626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00000266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想