外科 = Surgery : 臨床雑誌  53(10)(661)

国立国会図書館雑誌記事索引 12 (8) 1950.08~;本タイトル等は最新号による;11巻10号以降の並列タイトル: Surgery;[1巻1号]-20巻14号 (1958年12月) ; 21巻1号 = 231号 (1959年1月)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 外科におけるMRSA感染症 / 藤田哲二 / p1002~1049
  • 術後のMRSA腸炎 この症例の治療方針 / 藤田哲二 / p1002~1007
  • 外科でのMRSA感染症の実態 / 岩井重富 / p1008~1017
  • 術後MRSA感染症の診断と治療 / 石川周 / p1018~1022
  • 術後感染予防薬とMRSA / 花谷勇治 / p1023~1027
  • MRSA院内感染の予防対策 / 永井勲 / p1028~1033
  • 術後MRSA腸炎 / 横山隆 / p1034~1040
  • 外科領域のTSS / 齋藤英昭 / p1041~1049
  • 外科疾患の年齢による修飾と予後-10-閉塞性血栓血管炎と閉塞性動脈硬化症 / 鷲尾//正彦 / p1056~1063<3736499>
  • 外科と社会-10-患者の手術の拒否と外科医の手術の回避 / 山本//貞博 / p1064~1066<3735482>
  • 一般外科の今後 / 武藤//輝一 / p1051~1055<3736496>
  • 私の研究 腹腔内冷却低体温法を用いた多臓器摘出法 / 森下靖雄 / p1067~1070
  • 私の研究 転移性肝腫瘍に対する肝切除の意義 / 小暮洋暉 / p1071~1074
  • 私の研究 虚血肢の定量的組織循環評価への実験的研究 / 古元嘉昭 / p1075~1077
  • 手術手技 肝硬変併存肝癌(S₇,S₈)に対する開胸開腹的アプローチによるNo Touch Isolation Techniqueを用いた肝切除術 / 瀬川徹 / p1078~1082
  • 臨床経験 胃癌切除例における転移リンパ節個数の検討 / 小林理 / p1083~1086
  • 臨床経験 下肢主要動静脈閉塞性疾患合併例の検討 / 古田凱亮 / p1087~1091
  • 症例 急性腹部大動脈瘤-下大静脈瘻に対する緊急手術例 / 大竹裕志 / p1093~1095
  • 症例 膝窩動脈外膜囊胞の1例 / 広岡茂樹 / p1096~1098
  • 症例 ゴルフが誘因と考えられた特発性腸間膜血腫の1例 / 白川崇子 / p1099~1101
  • 症例 腹腔動脈狭窄を呈した大動脈炎症候群の1治験例 / 田中久史 / p1102~1104
  • 症例 鎖骨下領域に発生した巨大デスモイド腫瘍の1切除例 / 清水淳三 / p1105~1107
  • 症例 回盲部腸管重複症による腸重積症の1例 / 宇野武治 / p1108~1110
  • 書評 ナース・ドクターのための注射法マニュアル / 西尾剛毅 / p1050~1050
  • 書評 腎不全(Common Disease Series No.17) / 落合武徳 / p1092~1092
  • 随録 第6回小児ストーマ研究会 / / p1022~1022
  • 随録 第19回日本小児内視鏡研究会 / / p1040~1040
  • 随録 第55回乳癌研究会 / / p1066~1066
  • 随録 第21回胃外科研究会 / / p1074~1074
  • 随録 第39回日本消化器外科学会総会 / / p1082~1082
  • 随録 第7回日本静脈・経腸栄養研究会 / / p1098~1098
  • 随録 次号予告,特集案内 / / p1111~1111
  • 随録 寄稿のさだめ・編集ペン / / p1112~1112

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 外科 = Surgery : 臨床雑誌
著作者等 南江堂
書名ヨミ ゲカ = Surgery : リンショウ ザッシ
書名別名 Surgery
巻冊次 53(10)(661)
出版元 南江堂
刊行年月 1991-10
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0016593X
NCID AN00073147
AA12405515
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006703
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想