外科 = Surgery : 臨床雑誌  52(7)(645)

国立国会図書館雑誌記事索引 12 (8) 1950.08~;本タイトル等は最新号による;11巻10号以降の並列タイトル: Surgery;[1巻1号]-20巻14号 (1958年12月) ; 21巻1号 = 231号 (1959年1月)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 術後の肝障害 / 岡本英三
  • 柿田章 / p650~695
  • 肝切除術後の黄疸 この症例における肝障害の評価とその治療方針 / 岡本英三 / p650~654
  • 肝切除術後の黄疸 この症例における肝障害の評価とその治療方針 / 柿田章 / p655~659
  • 一般外科における術後肝機能異常の病態と経過 / 河野信博 / p660~664
  • 肝障害の程度からみた肝切除術の限界 1. 肝切除術 / 木下博明 / p665~669
  • 肝障害の程度からみた肝切除術の限界 2. 一般外科手術 / 大浦慎祐 / p670~674
  • 輸血後肝炎,その予防と進歩 / 片山透 / p675~681
  • 術後肝障害の評価と対策 / 谷川久一 / p682~687
  • 術後肝不全に対する特殊療法 / 与芝真 / p688~695
  • 術後リハビリテ-ションの実際-7-小腸広範囲切除 / 岩佐//正人
  • 小越//章平
  • 田宮//達男 / p697~701<3672487>
  • 私の研究 乳癌補助化学療法への自家骨髄移植の応用 / 田島知郎 / p702~705
  • 私の研究 開心術における再灌流障害と冠血管内皮細胞 / 高場利博 / p706~709
  • 腸重積について / 川満//富裕 / p710~715<3672489>
  • 今月の臨床 体外肝切除術 / 杉町圭蔵 / p717~720
  • 臨床経験 直腸癌非切除例に対する放射線治療の検討 / 国安弘基 / p721~724
  • 症例 肺癌肉腫の1手術例 / 新海清人 / p725~728
  • 症例 姑息切除のみで11年以上生存している原発性肝癌の1例 / 吉田冲 / p729~731
  • 症例 腸型Behçet病穿孔に対する治療経験 / 桂寛 / p733~735
  • 症例 胆石を合併したチフス菌長期胆道系保菌者の1例 / 堀口淳 / p737~741
  • 症例 胃癌を合併した破裂性腹部大動脈瘤に対し一期的手術を行った1例 / 菅村洋治 / p742~745
  • 症例 後腹膜平滑筋肉腫の1例 / 原内大作 / p747~750
  • 症例 大腸癌肝転移症例の検討 / 片岡正文 / p751~754
  • 外科医の金言 それ恕か / 大井実 / p732~732
  • 書評 Haimovici,s Vascular Surgery / 井島宏 / p696~696
  • 書評 臨床MRI入門 / 中村紀夫 / p716~716
  • 書評 Atlas of Surgical Techniques / 豊島宏 / p736~736
  • 書評 周手術期のケア / 森岡恭彦 / p746~746
  • 随録 第13回日本膵管胆道会流異常研究会 / / p687~687
  • 随録 第3回日本内分泌外科学会 / / p705~705
  • 随録 第17回日本消化器外科学会卒後教育セミナー / / p720~720
  • 随録 第36回日本消化器外科学会総会 / / p728~728
  • 随録 第1回「大動脈疾患」国際シンポジウム / / p745~745
  • 随録 第4回limb salvage研究会 / / p750~750
  • 随録 次号予告,特集案内 / / p755~755
  • 随録 寄稿のさだめ・編集ペン / / p756~756

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 外科 = Surgery : 臨床雑誌
著作者等 南江堂
書名ヨミ ゲカ = Surgery : リンショウ ザッシ
書名別名 Surgery

Geka
巻冊次 52(7)(645)
出版元 南江堂
刊行年月 1990-07
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0016593X
NCID AN00073147
AA12405515
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006703
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想