癌の臨床 = Japanese journal of cancer clinics  46(5)(582)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (1) 1954.09~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;並列タイトル変遷: Japanese journal of cancer clinics (1巻1号-15巻5号)→ Japan journal of cancer clinics (16巻6号-24巻1号);1巻1号 (1954年9月)-5巻7号 (1959年7月) ; 5巻8号 = 34号 (1959年7月)-;出版者変遷: 医歯薬出版 (1巻1号-21巻3号)→ 篠原出版 (21巻4号-46巻1号);1巻1号から31巻15号までの総索引: 「乳癌の臨床」1巻1号収載

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 乳癌診療の最前線 / 419~798<5481228>
  • 企画にあたって「乳癌の最善の治療を求めて」 / 泉雄勝 / p419~419
  • I.疫学 日本の乳癌の動向とリスク因子 / 黒石哲生 / p423~431
  • I.疫学 乳癌全国登録からみた日本人の乳癌 / 七沢武 / p433~436
  • I.疫学 遺伝性乳癌 / 池田宜子・他 / p437~442
  • II.解剖 乳癌治療に必要な局所解剖 / 佐藤達夫・他 / p445~452
  • III.病理 乳癌の病理 / 秋山太 / p455~459
  • III.病理 非浸潤性乳癌の病理 / 黒住昌史 / p461~466
  • III.病理 異型乳管過形成ADHと異型小葉過形成ALH / 市原周 / p467~473
  • III.病理 増殖・悪性度からみた乳癌の病理 / 相羽元彦 / p475~481
  • IV.遺伝子診断 乳癌悪性度の遺伝子診断 / 原田晴仁・他 / p485~490
  • IV.遺伝子診断 Fluorescence in situ hybridization(FISH)法による乳腺腫瘍の細胞遺伝学的解析 / 渋谷誠・他 / p491~496
  • V.検診 乳癌検診の現状と問題点 / 大内憲明 / p499~508
  • V.検診 マンモグラフィによる乳癌検診の定量的評価--リスク利益と費用効果分析 / 飯沼武 / p509~514
  • VI.診断 マンモグラフィ診断の進歩 / 遠藤登喜子 / p517~524
  • VI.診断 MRマンモグラフィ / 関恒明・他 / p525~534
  • VI.診断 超音波診断の進歩 / 植野映 / p535~546
  • VI.診断 穿刺吸引細胞診の進歩 / 成松英明 / p547~553
  • VI.診断 ステレオガイドCore Biopsy / 林孝子 / p555~561
  • VI.診断 乳管内視鏡診断 / 蒔田益次郎 / p563~570
  • VI.診断 乳管内視鏡による適応決定と治療的意義 / 岡崎亮・他 / p571~575
  • VII.乳房温存療法をめぐる諸問題 / / p579~585,587~591,593~599,601~605,607~611,613~623
  • 乳房温存療法の適応と検査法 適応の選定とMRI診断 / 福田護・他 / p579~585
  • 乳房温存療法の適応と検査法 MRI 3次元画像 / 中村清吾 / p587~591
  • 乳房温存療法の適応と検査法 ヘリカルCT / 植松孝悦・他 / p593~599
  • 乳房温存療法の適応と検査法 IV-DSA / 渡辺修・他 / p601~605
  • 乳房温存療法の適応と検査法 超音波検査法 / 神尾孝子・他 / p607~611
  • 乳房温存療法の適応と検査法 Sentinel Node Biopsy / 元村和由・他 / p613~623
  • 手術とその成績 広範囲切除(乳房扇状部分切除術) / 西常博 / p625~631
  • 手術とその成績 Wide Excision / 池田正・他 / p633~637
  • 手術とその成績 小範囲切除(Lumpectomy) / 清水忠夫・他 / p639~644
  • 手術とその成績 照射非併用乳房温存手術 / 高橋かおる・他 / p645~649
  • 手術とその成績 乳腺疾患に対する内視鏡下手術 / 山形基夫・他 / p651~656
  • 乳房温存療法と照射 乳房照射法と乳房照射をめぐる諸問題 / 唐澤久美子 / p657~664
  • 乳房温存療法と照射 腋窩照射法(腋窩を含めた乳房照射法) / 小川恭弘 / p665~670
  • その他の問題 適応拡大のための前治療 / 小山博記・他 / p671~675
  • その他の問題 乳房内再発--とくに炎症性乳癌型再発についての考察 / 稲治英生・他 / p677~682
  • その他の問題 術後QOLとその評価 / 下妻晃二郎 / p683~689
  • VIII.ホルモン療法 乳癌ホルモン療法の最近の進歩 / 野村雍夫 / p693~700
  • VIII.ホルモン療法 補助ホルモン療法の適応とその考え方 / 園尾博司 / p701~709
  • IX.化学療法 進行再発乳癌の化学療法--最近の進歩 / 安達勇 / p713~723
  • IX.化学療法 タキサン系薬剤--適応とレジメン / 伊藤良則 / p725~731
  • IX.化学療法 乳癌補助化学療法の適応と考え方 / 吉本賢隆 / p733~740
  • IX.化学療法 Neoadjuvant Chemotherapy / 小林直・他 / p741~748
  • IX.化学療法 造血細胞移植併用の高用量化学療法 / 田島知郎・他 / p749~754
  • IX.化学療法 化学・内分泌複合療法の現状と問題点 / 紅林淳一 / p755~761
  • X.放射線療法 乳癌切除後の照射--最近の考え方 / 松原升 / p765~771
  • X.放射線療法 進行・再発乳癌の放射線治療 / 光森通英・他 / p773~777
  • XI.術後 乳房再建 / 坂東正士 / p781~787
  • XI.術後 乳癌術後の社会復帰--心・身両面のリハビリテーション / 妹尾亘明・他 / p789~798

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 癌の臨床 = Japanese journal of cancer clinics
著作者等 医歯薬出版株式会社
篠原出版新社
篠原出版株式会社
書名ヨミ ガン ノ リンショウ = Japanese journal of cancer clinics
書名別名 Japan journal of cancer clinics

Japanese journal of cancer clinics

Gan no rinsho
巻冊次 46(5)(582)
出版元 篠原出版新社
刊行年月 2000-05
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 00214949
NCID AN00048401
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00004529
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想