外科 = Surgery : 臨床雑誌  61(5)(760)

国立国会図書館雑誌記事索引 12 (8) 1950.08~;本タイトル等は最新号による;11巻10号以降の並列タイトル: Surgery;[1巻1号]-20巻14号 (1958年12月) ; 21巻1号 = 231号 (1959年1月)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 腹部救急診療最前線 / 吉村和泰
  • 恩田昌彦
  • 田中宣威
  • 古川清憲
  • 高崎秀明
  • 横山滋彦
  • 永嶋祐二 / p471~543
  • I.総論 1.イレウスに対する手術のタイミング / 吉村和泰 / p471~476
  • I.総論 2.小児におけるピットフォールとその対策 / 溝手博義 / p477~482
  • I.総論 3.高齢者におけるピットフォールとその対策 / 冲永功太 / p483~488
  • I.総論 4.腹部救急領域におけるIVRの適応と成績 / 新美浩 / p489~498
  • I.総論 5.悪性疾患における治療とQOL / 田辺稔 / p499~504
  • I.総論 6.多臓器障害の予防と対策 / 平田公一 / p505~510
  • I.総論 7.穿孔性腹膜炎の感染コントロールの要点 / 炭山嘉伸 / p511~515
  • II.各論 1.食道穿孔における対策 / 神津照雄 / p516~519
  • II.各論 2.胃・十二指腸穿孔における対策 / 杉山貢 / p520~524
  • II.各論 3.大腸穿孔における対策 / 三浦誠司 / p525~528
  • II.各論 4.急性胆道感染症の緊急胆道ドレナージのポイント / 泉里友文 / p529~534
  • II.各論 5.癒着性イレウスに対する高圧酸素療法の適応と成績 / 岡田忠雄 / p535~539
  • II.各論 6.癒着性イレウスに対する腹腔鏡下手術--適応および治療成績 / 伊藤重彦 / p540~543
  • 術後感染対策講座 (6) 6.SIRSと外科感染症 / 炭山嘉伸 / p545~548
  • 外科医のためのMRIの知識 (5)[最終回] III.MR造影剤の現状と将来展望 / 山田晴耕 / p549~556
  • 伝記にみる血管の外科 (6) 紅毛流外科から和流外科へ / 田辺達三 / p557~560
  • 臨床経験 胃癌穿孔9例の検討 / 杢野泰司 / p561~564
  • 臨床経験 男性乳癌の2例 / 敷島裕之 / p565~568
  • 症例 高CEA血症を呈した虫垂粘液囊腫の1例 / 村田賢 / p569~572
  • 症例 甲状腺乳頭癌を合併した原発性副甲状腺機能亢進症の1例 / 古郡大樹 / p573~576
  • 症例 内容液穿刺生検により破裂した巨大肝囊胞緊急手術の1例 / 石川真 / p577~579
  • 症例 胃癌術後に発生した総肝動脈瘤破裂のカテーテル動脈塞栓術 / 松田健司 / p580~584
  • 症例 難治性下咽頭梨状窩瘻の1治験例 / 中村征勝 / p585~588
  • 書評 Essential細胞生物学 / 森正樹 / p544~544
  • 随録 第9回広島がんセミナー国際シンポジウム / / p476~476
  • 随録 第5回家族性腫瘍研究会 / / p534~534
  • 随録 第2回日本脳低温療法研究会 / / p564~564
  • 随録 第36回日本外科代謝栄養学会 / / p568~568
  • 随録 第17回癌DNA研究会 / / p572~572
  • 随録 大阪国際ハイパーサーミアフォーラムおよび日本ハイパーサーミア学会第16回大会 / / p584~584
  • 随録 次号予告 / / p588~588
  • 随録 寄稿のさだめ / / p589~589
  • 随録 編集ペン / / p590~590

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 外科 = Surgery : 臨床雑誌
著作者等 南江堂
書名ヨミ ゲカ = Surgery : リンショウ ザッシ
書名別名 Surgery
巻冊次 61(5)(760)
出版元 南江堂
刊行年月 1999-05
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0016593X
NCID AN00073147
AA12405515
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006703
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想