看護技術  27(16)(383)

メヂカルフレンド社

国立国会図書館雑誌記事索引 31 (1) 1985.01~;本タイトル等は最新号による;大きさ: 変更あり;[1号]~[ ],[ ]~;総目次・総索引あり;改題注記 : 「看護のbooks」の改題

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 口絵 一日も早い離床めざして 榊原記念病院にみる心筋梗塞患者の術前・術後の管理と看護の実際 / 丹羽諭 / p1~
  • 心筋梗塞のClinical Research 心筋梗塞の病態の複雑性と看護 / 古田昭一 / p5~5
  • 心筋梗塞のClinical Research 心筋梗塞の病態像と対応について / 古田昭一 / p6~11
  • 心筋梗塞のClinical Research 心筋梗塞の内科治療 外科治療を前提として / 酒井規光
  • 竹内馬左也 / p12~16
  • 心筋梗塞のClinical Research 心筋梗塞の治療 外科的適用 / 岡田昌義 / p17~25
  • 心筋梗塞のClinical Research 冠動脈外科の術前・術後管理 / 水谷哲夫
  • 草川實 / p26~33
  • 心筋梗塞のClinical Research 心筋梗塞患者の術後監視について 血行動態とECGモニタリング / 石原昭
  • 伊藤忠弘 / p34~39
  • 心筋梗塞のNursing Research 外科治療を受ける心筋梗塞患者の術前看護計画とその実際 / 鈴木美津子
  • 中里潤子 他 / p40~48
  • 心筋梗塞のNursing Research A-Cバイパス術後における呼吸管理 / 岩城幸子
  • 三沢夏美 / p49~54
  • 心筋梗塞のNursing Research A-Cバイパス術を受けた狭心症患者の薬物療法とケア / 森則子
  • 朝倉逸子 他 / p55~60
  • 心筋梗塞のNursing Research 大動脈内バルーンパンピング法施行時の看護手順について / 海老田郁子
  • 大沼康子 他 / p61~67
  • 心筋梗塞のNursing Research IABP療法中の患者の看護 / 浜貞子
  • 徳岡優子 他 / p68~72
  • 心筋梗塞のNursing Research External Counterpulsation適応者の管理と看護 / 中村士郎
  • 瀬在幸安 / p73~77
  • 心筋梗塞のNursing Research 術後合併症を併発した虚血性心疾患患者の看護 / 加藤ちさと
  • 堀越洋子 他 / p78~85
  • 心筋梗塞のNursing Research 術後患者の社会復帰と看護の役割 / 小野田清乃
  • 原忍 / p86~93
  • カンファレンス 急性期の心筋梗塞患者の術後管理とケア / 古田昭一
  • 石田康子 他 / p94~100
  • 症候の科学/昏睡 <図説>昏睡の成因とその機序 / 新城之介
  • 北村伸 / p101~104
  • 症候の科学/昏睡 昏睡の分類と病態生理 / 新城之介
  • 宮崎徳蔵 / p105~109
  • 症候の科学/昏睡 昏睡時の看護観察と対応 / 和田弘美
  • 佐藤ひとみ / p110~115
  • 症候の科学/昏睡 肝性昏睡を呈した患者の看護問題と対策 / 粟田口早苗
  • 鈴木恵子 他 / p116~122
  • 看護文献 心筋梗塞患者の危険因子とその管理 / 中島由美子 / p123~126
  • 術後2週間の管理のポイント- (3) 腹部外科領域の術後合併症と危険察知(その2) / 淵脇加代
  • 小川智子 他 / p127~132
  • 看護技術・第27巻・総目次 / / p133~143

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 看護技術
著作者等 メヂカルフレンド社
書名ヨミ カンゴ ギジュツ
書名別名 Japanese journal of nursing arts

The Japanese journal of nursing arts
巻冊次 27(16)(383)
出版元 メヂカルフレンド社
刊行年月 1981-12
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0449752X
NCID AN00407639
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00004389
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想