Quality nursing : The Japanese journal of nursing education & nursing research  1(8)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 7 (1) 2001.01~10 (12) 2004.12;本タイトル等は最新号による;1巻1号(1995年1月) - 10巻12号(2004年12月);以後休刊;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • <特集> 海外看護を研修する / / p4~28
  • 臨床場面における看護婦と医師・患者関係 -看護ウォッチング イン アメリカ / 佐藤エキ子 / p4~7
  • 医療機関における看護と倫理問題 -メイヨー・メディカル・センターの倫理実践システム / 志自岐康子 / p8~11
  • がん看護における患者の権利とサポートのあり方 -アルタベイツメディカルセンターの患者サポートプログラム / 飯塚京子 / p12~15
  • 自由で柔軟な心と学問への厳しさと -メイヨー・クリニックでの臨床実習指導 / 竹ノ上ケイ子 / p16~19
  • Quality Assuranceの動向とその背景 -アルタベイツメディカルセンターにおけるQAシステム / 内布敦子 / p20~23
  • 現代アメリカ看護と医療・社会 アルタベイツメディカルセンターの保健医療システム / 佐山光子 / p24~28
  • 症例報告 継続的な患者・家族指導に関する一考察 -ある糖尿病性腎症の患者との関わりから,慢性の経過をたどる患者指導のあり方について考える / 村井嘉子
  • 影山セツ子 / p37~44
  • 保健婦の援助過程における判断の構造 / 宮﨑美砂子 / p45~53
  • 中高年勤労者のストレスに対する意識とストレス解消法 / 金山正子 / p54~63
  • 看護学部男子学生の対人関係 ソーシャルサポートと自尊感情 / 川口優子 / p64~67
  • 看護の高度化に向けて -付添看護療養費制度の撤廃・その問題点を探る / 井上毅一 / p30~32
  • 看護理論家と日本の看護 未来の看護を見つめたマーサ・E・ロジャーズ / 筒井真優美 / p68~72
  • 実践看護研究講座 8 研究の手法と情報活用(3) 知って得する調査研究の基礎 / 山田一朗
  • 山田律子 / p73~82
  • One Point Column 役割モデル / 間瀬由記 / p33~33
  • One Point Column 援助の限界と役割分担 / 岡本玲子 / p33~33
  • One Point Column 保健指導について思うこと / 掛本知里 / p34~34
  • One Point Column 文献の活用と看護教育について / 矢野久子 / p34~34
  • One Point Column 看護のケア/ケアリング / 吉田みつ子 / p35~35
  • One Point Column 看護学教育と倫理 / 矢部弘子 / p35~35
  • One Point Column チャンスは,黙想によって / 小林八代枝 / p36~36
  • One Point Column 出会い / 萩原好美 / p36~36
  • 医学セミナー 癌研究の現場と診療への応用 3 ヒト癌研究における染色体分析の意義-FISHとは / 髙井節夫 / p83~87
  • 学会告知板 / / p87~88
  • 投稿規定 / / p89~89

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 Quality nursing : The Japanese journal of nursing education & nursing research
著作者等 文光堂
書名別名 Quality nursing : Japanese journal of nursing education and nursing research

Quality nursing
巻冊次 1(8)
出版元 文光堂
刊行年月 1995-08
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 13409875
NCID AN10462338
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00099829
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想