Emergency nursing  9(6)(93)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 14 (1) (通号: 157) 2001.01~17 (12) (通号: 212) 2004.12;本タイトル等は最新号による;1巻1号から3巻6号までの刊行頻度は隔月刊;1巻1号 = 1号 (1988年5/6月)-17巻12号 = 212号 (2004年12月)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 救急NOW -セデーションと抑制- / 片岡秋子 / ~37
  • (1) 鎮静剤の使用とその対応 / 吉田正志 ほか / p8~14
  • (2) 鎮静剤使用と個別性への援助 / 大槻直子 ほか / p15~22
  • (3) 抑制帯の工夫--安全性をサポートするために / 寺薗美和子 / p23~28
  • (4) 抑制衣を作成して--家族への配慮を考える / 川合良枝 ほか / p29~33
  • (5) 抑制基準の作成 / 藤本和美 ほか / p34~37
  • 連載 / / p1~48,49~92
  • 巻頭エッセイ 災害医療に求められるもの / 吉村秀實 / p1~1
  • 工夫ア・ラ・カルト 第16回 手指抑制用具の一考案-市販のペットボトルを使用して- / 小野郁代 ほか / p3~5
  • 新・救急処置とその看護 第5回 排膿処置 / 高須修 ほか / p38~43
  • 救急領域での専門用語 S / 松原泉 / p44~45
  • 救急ナース珍道中 其の33 終わりに / 高橋宏子 / p46~47
  • 基礎から学ぶ呼吸管理 第4回 気道管理 / 西田直美 ほか / p49~57
  • 学会発表のKnow How 第2回 データ収集の方法 / 黒田裕子
  • 中谷寿男 / p58~68
  • Q&A 第16回 体圧 / 姉帯敏子 / p73~77
  • 救急看護の歴史と課題 第3回 救急看護の専門化が始まった時期(昭和50~59年) / 今村明美 ほか / p82~85
  • 救急ナースの教育を考える 第2回 ICUで治療を受けた患者の記憶についての調査 / 森田孝子 / p86~92
  • OTHER / / p6~48,49~96
  • かわらばん / / p6~6
  • Report 大阪市立総合医療センター / 編集部 / p78~80
  • Bon Voyage!ふらんす一人歩き パリのホテル / 上山榮子 / p81~81
  • EMERGENCY ACTIVITY / / p94~95
  • 次号予告 / 渡部宣子
  • T
  • N / p96~96

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 Emergency nursing
書名別名 The Japanese journal of emergency nursing

エマージェンシー・ナーシング : 日本救急看護学会準機関誌

Emergency nursing
巻冊次 9(6)(93)
出版元 メディカ
刊行年月 1996-06
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 09154213
NCID AN10091473
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00077872
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想