こころの科学  (74)

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 85) 1999.05~;本タイトル等は最新号による;1号(May 1985)~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 巻頭に--「障害」から「個性」へ / 宮本忠雄 / p1~1
  • 特別企画 ロジャーズ--クライエント中心療法の現在 / 村瀬孝雄 / ~96
  • PART・1 クライエント中心療法の基礎 / / p14~43
  • フォーカシングからみた来談者中心療法 / 村瀬孝雄 / p14~21
  • ロジャーズとクライエントたち--ハーバート・ブライアン、グロリア、キャシー、ジャン / 伊藤義美 / p22~27
  • プリセラピィ--パーソンセンタード・カウンセリングの第一条件をめぐって / 岡村達也 / p28~33
  • ロジャーズにおける宗教性 / 久能徹 / p34~38
  • ロジャーズからフォーカシングへ--セラピーをより効果的にするために / 近田輝行 / p39~43
  • PART・2 クライエント中心療法の実際 / / p44~58
  • クライエント中心療法と分裂病 / 岡昌之 / p44~48
  • フォーカシングの臨床的適用--前言語的メッセージとその治療的介入 / 増井武士 / p49~53
  • 治療者の純粋性について--非行臨床から得られた知見 / 羽間京子 / p54~58
  • PART・3 クライエント中心療法の動向 / / p59~89
  • 日本におけるクライエント中心療法 / 保坂亨
  • 浅井直樹 / p59~63
  • クライエント中心療法と教育臨床 / 近藤邦夫 / p64~68
  • クライアント中心療法と精神分析--「ロジャーズとコフート」試論 / 岡村達也 / p69~73
  • クライエント中心療法はいま--ロジャーズ学派の最前線を読む / 末武康弘 / p74~78
  • 「クライエントセンタード」はどこへ行くのか--ロジャーズ・ルネッサンスに向けて / 諸富祥彦 / p79~83
  • クライエント中心療法の国際的動向 / 村山正治 / p84~89
  • essay クライエント中心療法雑感 / 畠瀬稔
  • 都留春夫
  • 氏原寛
  • 丸田俊彦
  • 山中康裕
  • 成田善弘
  • 神田橋條治 / p90~96
  • 脳死とこころ--脳死と臓器移殖を考える / 齋藤磐根 / p2~7
  • フロイトとパニック障害 / 山田和夫 / p8~11
  • 高齢者のメンタルヘルス--うつ病を中心に(8)老年期うつ病に対する心理的アプローチ / 高橋祥友 / p97~101
  • シネマそしえて・2 魔術的レアリズムで描かれた女性家族の歴史-『アントニア』 / 杉山光信 / p102~103
  • 概念の心理療法(15)身体 / 河合俊雄 / p104~109
  • 英米カウンンリング事情(2)イギリスはいそがしい / 諸富祥彦 / p114~114
  • 発達障害の豊かな世界(2)タイムスリップ(その1) / 杉山登志郎 / p115~121
  • ほんとの対話 高橋祥友著『自殺の心理学』 / 斎藤友紀雄 / p110~110
  • ほんとの対話 亀田達也著『合議の知を求めて』 / 渡部保夫 / p111~111
  • ほんとの対話 マリオ・ヤコービ著『個性化とナルシシズム』 / 酒木保 / p112~112
  • ほんとの対話 馬場禮子著『心理療法と心理検査』 / 岡部祥平 / p113~113
  • こころの現場から 肉弾!--(子どもの臨床) / 山登敬之 / p122~123
  • こころの現場から 話し合い--デイケアの人付き合い--(デイケア) / 安斎三郎 / p124~125
  • 伝言板 / ぶ
  • E.T. / p126~126

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 こころの科学
著作者等 日本評論社
書名ヨミ ココロ ノ カガク
書名別名 Human mind

Kokoro no kagaku
巻冊次 (74)
出版元 日本評論社
刊行年月 1997-07
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 09120734
NCID AN10026110
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00044144
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想