人間性心理学研究 = The Japanese journal of humanistic psychology  10(1)

「人間性心理学研究」編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 14 (1) 1996.06~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;1号 (1983)-9号 (1991) ; 10巻1号 (1992)-;出版地の変更あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 編集者コメンタリー / 村山正治 / p1~2
  • 特集:クライエント中心療法の新しい展開とその課題 / / p3~56
  • 特集にあたって / 村山正治 / p3~4
  • パート1 クライエント中心療法の展開 / / p5~19
  • 日本における歩みと課題 / 畠瀬稔 / p5~10
  • クライエント中心療法へのコメント--「人間中心の教育」の観点から / 伊東博 / p11~16
  • 私にとってのクライエント中心療法 / 古屋健治 / p17~19
  • パート2 わが国のクライエント中心療法の今後への提言 / / p20~46
  • クライエント中心療法から体験過程療法へ--概念と理論における課題 / 田村隆一 / p20~24
  • エンカウンター・グループの研究と実際 / 中田行重 / p25~29
  • Rogers(1970)におけるエンカウンター・グループの効果に関する再検討--効果目録の作成に向けて / 平山栄治 / p30~34
  • クライエント中心療法における個人心理療法の実際と課題 / 伊藤義美 / p35~40
  • Rogersの人間観 / 村本詔司 / p41~46
  • パート3 クライエント中心療法へのコメント / / p47~56
  • クライエント中心療法へのコメント / 勝俣暎史 / p47~49
  • クライエント中心療法へのコメント / 川上範夫 / p50~52
  • クライエント中心療法へのコメント--心のエコロジーを求めて / 森岡正芳 / p53~56
  • 成人女性の宗教的意識と生き方にかかわる価値観 / 山縣喜代 / p57~68
  • ストレス緩和要因としてのユーモアのセンス / 上野良重
  • 高下保幸
  • 原口雅浩
  • 津田彰 / p69~76
  • 体験過程レベルの変化に影響を及ぼすセラピストの応答--ロジャースのグロリアとの面接の分析から / 吉良安之
  • 田村隆一
  • 岩重七重
  • 大石英史
  • 村山正治 / p77~90
  • 書評 「人間関係学序説」(早坂泰次郎) / 矢幡洋 / p91~93

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 人間性心理学研究 = The Japanese journal of humanistic psychology
著作者等 「人間性心理学研究」編集委員会
日本人間性心理学会
日本人間性心理学会『人間性心理学研究』編集委員会
書名ヨミ ニンゲンセイ シンリガク ケンキュウ = The Japanese journal of humanistic psychology
書名別名 The Japanese journal of humanistic psychology
巻冊次 10(1)
出版元 日本人間性心理学会
刊行年月 1992-01
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 02894904
NCID AN10151826
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00040538
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想