交流分析研究  20(1)(45)

日本交流分析学会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 21 (2) 1996.12~;本タイトル等は最新号による;1巻1号の本タイトル: TAニュース・レター;並列タイトル, 刊行頻度, 出版地の変更あり;1巻1号-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 巻頭言 / 菊池長徳 / p1~1
  • 特集・テーマ I:自我状態の汚染について / / p1~1,3~9,11~18
  • 自我状態の汚染について--はじめに / 中野弘一 / p1~1
  • 自我状態の汚染について / 六角浩三 / p3~9
  • 自我状態の汚染について / 新里里春 / p11~14
  • 自我状態の汚染について--指定討論(1) / 熊野宏昭 / p15~16
  • 自我状態の汚染について--指定討論(2) / 俵里英子 / p17~18
  • 特集・テーマ II:自我機能の除外について / / p19~19,21~43
  • はじめの言葉 / 桂戴作 / p19~19
  • 自我状態の除外(パーソナリティ)の発症要因 / 新里里春 / p21~26
  • 除外と一貫性をめぐって--自我状態理論の再検討 / 国谷誠朗 / p27~34
  • 自我機能の除外について / 六角浩三 / p35~38
  • 自我機能の除外について--指定討論(1) / 松崎博光 / p39~40
  • 自我機能の除外について--指定討論(2) / 中村延江 / p41~42
  • 自我機能の汚染と除外--司会の終わりに総合討論を踏まえて / 村上正人 / p43~43
  • 透過性調整力を加えた行動エゴグラム「S-BE(エスビー)」の信頼性と妥当性に関する研究 / 水野正憲 他 / p45~51
  • 対人不安を訴える青年期女性との面接過程--ゲームの解消と禁止令解除をめざして / 福間笙子 / p53~62
  • S(セルフ)の概念に関する研究--体験過程とエゴグラムとの関係 / 池見陽 / p63~70
  • 事務局だより / 村上正人 / p71~71
  • 編集後記 / 末松弘行 / p72~72

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 交流分析研究
著作者等 日本交流分析学会
書名ヨミ コウリュウ ブンセキ ケンキュウ
書名別名 TAニュース・レター

Japanese journal of transactional analysis
巻冊次 20(1)(45)
出版元 日本交流分析学会
金子書房
刊行年月 1995
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 02857774
NCID AN10042398
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00036791
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想