日本病跡学雑誌  (32)

日本病跡学懇話会 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 51) 1996.05~;本タイトル等は最新号による;出版地の変更あり;出版者変遷: 日本病跡学懇話会 (-16号);頒布者変遷: 金剛出版 (22号-72号);[ ]-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 漂泊から創造へ--熊楠・漱石・賢治・春夫 / 津本一郎 / p2~9
  • 清沢満之のストイシズム / 小西輝夫 / p10~18
  • 小林秀雄の病跡(I)生活 / 山田和夫
  • 山田和恵 / p19~27
  • 長谷川泰子をめぐって(I)--泰子の性格分析 / 中野良平 / p28~35
  • 中原中也の病跡試論(その1)--生い立ちと家族的背景 / 小谷野柳子 / p36~42
  • 宇野千代の「船に乗っているような感覚」について--生き方を中心として / 高井万里子 / p43~46
  • 大手拓次論--「空想の猟人」として / 山上栄子 / p47~54
  • 漱石の創作と病理--千駄木時代 / 高橋正雄 / p55~63
  • 摂関家の人びと(その2) / 米山千代子 / p64~71
  • 病跡学におけるラカン的理解 / 海老原英彦 / p72~74
  • 追悼 追悼 岩井寛教授 / 宮本忠雄 / p75~75
  • 古典紹介 筑紫道記 / 王丸勇 / p76~77
  • 訪古叢談 (10):伊達綱宗 / 王丸勇 / p78~79
  • 書評 早野泰造著:近世の呪縛 / 福島章 / p80~81
  • 書評 徳田良仁著:芸術を創造する力 / 小見山実 / p82~82
  • 新刊紹介 五島雄一郎:音楽夜話 王丸勇:歴史・病誌つれづれ話 伊東高麗夫:病跡学の触手 / 宮本忠雄 / p83~83
  • 第33回日本病跡学会を担当して / 中井久夫 / p84~84
  • 第34回日本病跡学会総会のご案内 / / p81~81
  • 学会だより / / p85~86
  • 第33回日本病跡学会抄録集 / / p87~96
  • 投稿規定 / / p97~97
  • 編集後記 / A.F. / p97~97
  • 日本病跡学会会則 / / p98~98

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本病跡学雑誌
著作者等 日本病跡学会
日本病跡学懇話会
書名ヨミ ニホン ビョウセキガク ザッシ
書名別名 Japanese bulletin of pathography

Nihon byosekigaku zasshi
巻冊次 (32)
出版元 日本病跡学会
毎日学術フォーラム
刊行年月 1986-11
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 02858398
NCID AN00196679
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00036657
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想