ICUとCCU = Japanese journal of intensive care medicine : 集中治療医学  12(9)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 24 (11) 2000.11~;本タイトル等は最新号による;並列タイトルは「Japanese journal intensive care medicine」のこともあり;臨時増刊とも;1巻1号 -;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 ショックの薬物療法 / / p739~764
  • 蛋白分解酵素阻害薬の効果 / 平澤博之
  • 菅井桂雄
  • 大竹喜雄
  • 織田成人 / p739~747
  • ステロイドは有効か / 小川龍 / p749~755
  • 昇圧剤は用いるべきか / 河口正雄
  • 斉藤宗靖 / p757~764
  • 心筋梗塞急性期におけるSvO₂モニタリングの臨床的意義--心機能とDobutamine,Dopamine,Nitroglycerinの薬剤効果 / 簡慶輝
  • 肥田敏比古
  • 鈴木智之
  • 市川隆
  • 川上幹夫
  • 加藤政孝 / p765~774
  • ケミルミネッサンス法による重症患者の好中球貪食殺菌能の評価 / 赤尾正樹
  • 阿部晋也
  • 宮庄浩司
  • 物部容子
  • 板野義太郎
  • 小坂二度見 / p775~782
  • Pressure supportをコンピュータでコントロールする自動ウィーニング / 大塚将秀
  • 磨田裕
  • 奥津芳人 / p783~788
  • Barbiturate療法におけるbarbiturate血中濃度と好中球貪食殺菌能 / 弓削孟文
  • 山野上敬夫
  • 盛生倫夫
  • 岡林清司
  • 児玉和紀
  • 福地坦 / p789~794
  • 症例 救命救急センターにおける突然死症例の検討 / 小林敏信
  • 柴田正俊
  • 石見大輔
  • 石井奏
  • 中野為夫 / p795~799
  • 症例 脂肪塞栓症候群の2治験例 / 斉藤清子
  • 大川雅廣
  • 時岡宏明
  • 小坂二度見 / p801~806
  • 症例 小児期開心術に対する大動脈内バルーンパンピング(IABP)の有効性について / 佐賀俊彦
  • 城谷均
  • 奥秀喬
  • 西岡孝純
  • 家村順三 / p807~813
  • 症例 持続混合静脈血酸素飽和度モニタが有用であったシアンガス中毒の1例 / 藤井之正
  • 黒田泰弘
  • 前川剛志
  • 村川敏介
  • 武下浩 / p815~818
  • 症例 重症心不全により劇症肝炎様の高度肝機能異常を呈したバルサルバ洞右室破裂例--MOFとしてのischemic hepatitis / 矢作友保
  • 荒木隆夫
  • 横山紘一
  • 斉藤幹郎
  • 三浦民夫
  • 大友尚 / p819~825
  • 経験 脂肪塞栓症に対するウリナスタチンの使用経験 / 池田寿昭
  • 一色淳
  • 井本裕子
  • 阪口大和
  • 近江明文
  • 池田一美 / p827~831
  • 統計 小児ICU 6年間の経験 / 北村征治
  • 佐々木繁太
  • 大西佳彦
  • 稲垣喜三
  • 北川雅子 / p833~836

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 ICUとCCU = Japanese journal of intensive care medicine : 集中治療医学
著作者等 医学図書出版株式会社
書名ヨミ ICU ト CCU = Japanese journal of intensive care medicine : シュウチュウ チリョウ イガク
書名別名 Japanese journal intensive care medicine

Japanese journal of intensive care medicine
巻冊次 12(9)
出版元 医学図書
刊行年月 1988-09
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 03891194
NCID AN00002091
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00034478
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想