小児看護  20(7)(246)

へるす出版 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 24 (1) (通号: 292) 2001.01~;本タイトル等は最新号による;1巻1号 -

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 被虐待児症候群の子どものケアと家族へのかかわり / / p829~922
  • 事例にみる看護の実際 親の劣等感の裏返しで虐待に至った患児の看護 / 佐藤みどり 他 / p829~837
  • 事例にみる看護の実際 養育放棄による虐待を受けた患児の看護 / 中島千壽子 他 / p838~841
  • 事例にみる看護の実際 被虐待児の心のケアにおける看護の役割 / 峯一二三 他 / p842~851
  • 知っておきたい知識 児童虐待の実態と対応 / 小林美智子 / p852~859
  • 知っておきたい知識 虐待の種類と診断のポイント / 納谷保子 / p860~864
  • 知っておきたい知識 虐待の動機と背景因子 / 長畑正道 / p865~869
  • 知っておきたい知識 虐待の早期発見と予防対策 / 末吉圭子 他 / p870~875
  • 知っておきたい知識 虐待に対する法制度の現状と援助機関 / 津崎哲郎 / p876~880
  • 知っておきたい知識 被虐待児と親の行動特徴とその由来 / 郭麗月 / p881~885
  • 患児・家族へのアプローチとケアのポイント 被虐待児への初期対応とアプローチ / 鈴木敦子 / p886~891
  • 患児・家族へのアプローチとケアのポイント 入院・治療している被虐待児のケアのポイント / 楢木野裕美 / p892~895
  • 患児・家族へのアプローチとケアのポイント NICUにおける予防的看護活動 / 横尾京子 他 / p896~900
  • 患児・家族へのアプローチとケアのポイント 家庭訪問活動によるアプローチとケアのポイント / 山田和子 / p901~904
  • 患児・家族へのアプローチとケアのポイント 再発に対する援助とフォローアップ / 上野昌江 / p905~909
  • 患児・家族へのアプローチとケアのポイント 育児不安に対するかかわりとケアのポイント / 石井陽子 / p910~915
  • 児童虐待の歴史 / 池田由子 / p916~919
  • 児童虐待とホットライン / 有馬克子 / p920~922
  • カラーグラフ 小児の心肺蘇生法の実際 / 田中哲郎 他 / p822~828
  • 連載 / / p925~951
  • こどもの医学史 (その17) モルガーニの『病気の座と原因』 / 深瀬泰旦 / p925~925
  • 今月の行事 7月 七夕祭り / 桑原佐知子 他 / p926~927
  • 小径 子どもの感覚 (その3) / 森下みさ子 / p928~929
  • 子どもの本の世界 (その6) みばえで選ぶか!?基本図書のリスト / 赤木かん子 / p930~931
  • 文集 陽だまりのチャイム / 戸井田美智子 / p932~932
  • 連載講座 子どもの心の危機 (11) 長期入院の子ども / 渡邊博子 / p933~940
  • 心身障害児の看護 (その5) 基本的生活習慣の確立へ向けての援助のポイント / 吉村育子 / p941~947
  • 大人の目・子どもの目 ラテンは素敵! / 三好邦雄 / p948~951
  • 投稿規定 / / p953~953
  • バックナンバー・次号予告・編集後記 / あ
  • 北 / p954~954
  • INFORMATION / / p837~837,859~859,880~880,885~885,891~891,909~909

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 小児看護
著作者等 へるす出版
書名ヨミ ショウニ カンゴ
書名別名 Japanese journal of child nursing, monthly

The Japanese journal of child nursing, monthly

Shoni kango
巻冊次 20(7)(246)
出版元 へるす
刊行年月 1997-07
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03866289
NCID AN0011616X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00031675
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想