救急医学 = The Japanese journal of acute medicine  13(8)(142)

へるす出版 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 9 (7) 1985.07~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;臨時増刊号あり;1巻1号 = 1号 (1977年5月)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 臓器不全とchemical mediators / / p925~972<3251252>
  • 巻頭言 / 玉熊正悦 / p925~926
  • 「1」Lysosomal enzymes / 小川龍 / p927~935
  • 「2」Leukotrienes / 柴忠明他 / p937~944
  • 「3」好中球エラスターゼと臓器不全 / 小川道雄 / p945~956
  • 「4」Endotoxin,Interleukin 1,TNF / 奥沢星二郎 他 / p957~965
  • 「5」Free radicals / 門田俊夫 他 / p967~972
  • 生体侵襲とエネルギ-代謝 / 小沢 和恵
  • 嶌原 康行 / p975~981<3249975>
  • 消化管出血に対する手術療法を前提とした新しい経カテーテル的塞栓物質"着色アビテン"の試作 / 堀晃 他 / p983~984
  • 偽膜性腸炎の検討 / 泉本 源太郎 / p985~988<3250712>
  • 試料の前処理を自動化した高速液体クロマトグラフィ-による血中・尿中ビピリジウム系除草剤(パラコ-ト,ジクワット)の迅速定量法 / 中桐 逸博 / p989~994<3250868>
  • 99mTc標識赤血球スキャンによる消化管出血シンチグラフィ-の陽性例と陰性例の比較 / 相沢 信行 / p995~999<3250705>
  • 活性炭を投与したときの中毒物質吸着に及ぼす食物の影響-2-毒物服用から120分経過後に投与した活性炭の有用性 / 新井 克明 / p1001~1005<3250865>
  • 救急医療施設からみた移植臓器提供の現況と問題点--とくに腎臓提供について全国183施設よりのアンケ-ト調査を含めて / 千代 孝夫 / p1007~1014<3249903>
  • EndospecyとToxicolorによる内毒素血症および真菌血症診断の意義 / 遠藤 重厚 / p1015~1019<3251201>
  • 症例報告 偽性腸閉塞を呈した副腎褐色細胞腫の1例 / 金田能尚 他 / p1021~1025
  • 症例報告 典型的な脂肪塞栓症候群の1例 / 谷口智行 他 / p1027~1031
  • 症例報告 抗うつ薬中毒3症例の検討 / 升田好樹 他 / p1033~1036
  • 症例報告 クロム硫酸排液槽転落後72時間で肺水腫をきたし死亡した1例 / 渡辺博 他 / p1037~1041
  • 症例報告 3例の重症急性有機リン中毒の治療経験 / 矢野健次 他 / p1043~1048
  • 症例報告 神経原性肺水腫の1症例 初期の血行動態および血中カテコールアミンの変化を中心に / 植田康夫 他 / p1049~1052
  • 海外文献紹介 腹部刺創患者の開腹適応決定におけるCTスキャンの役割,etc. / 中川基人
  • 佐々木一憲 / p1054~1055
  • 次号予告 / / p1005~1005
  • 投稿規定 / / p1056~1056

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 救急医学 = The Japanese journal of acute medicine
著作者等 へるす出版
書名ヨミ キュウキュウ イガク = The Japanese journal of acute medicine
書名別名 The Japanese journal of acute medicine
巻冊次 13(8)(142)
出版元 へるす
刊行年月 1989-08
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 03858162
NCID AN00053627
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00030226
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想