漢方研究 = Progress in kampo medicine  (125)

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 328) 1999.04~;本タイトル等は最新号による;469号以降の並列タイトル: Progress in kampo medicine;37号から300号までのタイトル関連情報: 評論・研究・解説;37号 (1975年1月)-;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • あいさつ 第33回日本東洋医学会学術総会開催にあたって / 柴田良治 / p166~167
  • 大阪で東洋医学会に貢献された方々 / 編集部 / p188~190
  • 東洋医学臨床シンポジウム講演要旨 消化器疾患の漢方治療をテーマに講演と討論 / 編集部 / p167~167
  • 東洋医学臨床シンポジウム講演要旨 消化器疾患における気・血・水の生理(松本克彦氏) / 松本克彦 / p168~173
  • 東洋医学臨床シンポジウム講演要旨 腹証における瘀血とレ線像(柴田良治氏) / 柴田良治 / p174~177
  • 東洋医学臨床シンポジウム講演要旨 消化器病の漢方治療(大塚恭男氏) / 大塚恭男 / p178~181
  • 東洋医学臨床シンポジウム講演要旨 質疑応答 / p182~184
  • -大阪の漢方史散歩 序説 数多くの町医者が活躍 全国の生薬集散を掌握 / 編集部 / p191~193
  • -大阪の漢方史散歩 そのI 後世方の大家が町医者に 古林見宜 / 編集部 / p194~196
  • -大阪の漢方史散歩 そのII 大衆救済に徹した 北山寿安 / 編集部 / p197~199
  • -大阪の漢方史散歩 そのIII 良心的な本草の治療家 戸田旭山 / 編集部 / p200~201
  • -大阪の漢方史散歩 そのIV 古方派漢方・情熱短命の奇才 永富独嘯庵 / 編集部 / p202~204
  • -大阪の漢方史散歩 そのV 浪華にも古方の牙城を築いた 南涯と大阪の吉益家 / 編集部 / p205~208
  • 生薬研究 黄連について--中国産と日本産の比較 / 水野瑞夫
  • 福原裕子 / p186~
  • 鳴かず飛ばずの幾十星霜(1) / 橋本喜造 / p196~196
  • 新校舎が竣工,診療所も開設--大阪鍼灸専門学校 / p184~184
  • 編集後記 / p208~208

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 漢方研究 = Progress in kampo medicine
著作者等 小太郎漢方製薬株式会社
書名ヨミ カンポウ ケンキュウ = Progress in kampo medicine
書名別名 評論・研究・解説

Progress in kampo medicine

Kanpo kenkyu
巻冊次 (125)
出版元 月刊漢方研究
刊行年月 1982-05
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03856526
NCID AN00048569
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00030027
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想