月刊放送ジャーナル  10(4)(102)

放送ジャーナル社 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 29 (4) (通号: 311) 1999.05~;本タイトル等は最新号による;改題注記 : 「メディアjournal」の改題, 巻次を継承

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 FM放送第2世代へGO! / / p8~17
  • FMステレオネット回線開通と新時代 / / p8~13
  • 新たなるFM放送ネットワークの課題 / 白木龍雄 / p8~9
  • ステレオネット時代のローカル番組 / 鵜飼三之助 / p10~11
  • ステレオネット時代を迎えたFM放送番組制作 / 上田彦二 / p12~13
  • FMステレオ放送用H-2回線の概要 / 加島修 / p15~17
  • 特報 FM新免・札幌始動 / / p18~27
  • FM免許の促進迫る要望続々 / / p18~21
  • 当局の勇断と厳正な免許を希求 / 山田龍生 / p18~19
  • 東海大地震にFMが最適情報伝達機関 / 中村捷二 ほか7社連名 / p19~19
  • 党として行政当局を督励,善処を / 徳義三男 / p20~20
  • 言論放送機関の独占集中排除を / 徳義三男 / p20~20
  • FM新局の浜松誘致を決議,陳情 / 栗原浜松市長
  • 河合商工会議所 / p21~21
  • いよいよ本番!迎えるFM放送免許 まず札幌地区,知事調停で始動 / 編集部 / p22~27
  • FM新時代に期待する! / / p14~14
  • FMはより重要なメディアに / 小山隆広 / p14~14
  • 全国カバーのFM局増設を / 河野照久 / p14~14
  • 全国FM放送局開設申請の全容 周波数割当地区は札幌238,仙台80,静岡69,広島59,未割当地区は一括拒否処分後22地区51社<55年4月10日現在> / / p28~34
  • 大阪にあと1局増設は可能かつ必要 FM放送局増設の可能性とその意義 / 国分幸夫 / p42~43
  • ′80NABコンベンションINラスベガス / 編集部 / p40~41
  • グラビア 1980年NAB大会の放送機器展をみる / / p36~
  • 首都圏テレビ難視,再び政治問題化懸念 建築・不動産業界,V・U二重放送望む / 編集部 / p44~46
  • 文化としての通信の充足と成熟の道筋と展望 「昭和54年度通信白書」から (下) / 郵政省大臣官房通信政策課 / p52~59
  • 近代化を急ぐ新中国の放送界 (4) 戦後の中国放送史・北京の日本人 / 稲澤實 / p48~51
  • 変貌する世界のメディア (38) アメリカのラジオ局の動向 / 片方善治 / p64~66
  • CATV北から南から「わが町わがテレビ」 / / p62~62
  • KDD旋風下・郵政省異例の幹部人事 事務次官に浅尾宏氏,郵務局長に守住有信氏 / / p60~60
  • 民放トップ人事・新社長の略歴紹介 テレビ高知・岡林秀起社長/中国放送・山本満夫社長 / / p39~39
  • 電波障害防止の2個人,4団体を功労者表彰 / / p46~46
  • メディアの底流 (12) AMステレオ放送時代 / 片方善治 / p67~68
  • MONTHLY MEMO / / p63~63
  • 行政時報 / / p70~71
  • ラ・テ月報 / / p72~73
  • 新製品紹介 / / p74~75
  • 編集局 / A / p76~76

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 月刊放送ジャーナル
著作者等 放送ジャーナル社
書名ヨミ ゲッカン ホウソウ ジャーナル
書名別名 月刊

放送ジャーナル

Gekkan hoso janaru
巻冊次 10(4)(102)
出版元 放送ジャーナル社
刊行年月 1980-05
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03853810
NCID AN00074183
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00029544
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想