大阪大学医学雑誌  51(4)/(5)/(6)/(7)/(8)/(9)/(10)/(11)/(12)

雑誌記事索引採録あり(大学紀要);国立国会図書館雑誌記事索引 2 (3) 1950.07~11 (5) 1959.05;本タイトル等は最新号による;出版者変遷: 大阪大学医学部 (1巻1号-<11巻5号>);出版地の変更あり;別冊とも;1巻1号~52巻12号(Dec.2000)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Pasteurella multocida毒素に結合する宿主細胞成分に関する研究 / 大西貴弘 / p1~6
  • マウス腎発達におけるセマフォリン分子M-Sema Gの発現 / 井上徹 / p7~16
  • 大阪地区のホジキン病の変遷とEBV (Epstein-Barr virus)の関係 / 新宮教久 / p17~22

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 大阪大学医学雑誌
著作者等 大阪大学医学会
大阪大学医学部
書名ヨミ オオサカ ダイガク イガク ザッシ
書名別名 Medical journal of Osaka University Japanese edition

Oosaka daigaku igaku zasshi
巻冊次 51(4)/(5)/(6)/(7)/(8)/(9)/(10)/(11)/(12)
出版元 大阪大学医学会
刊行年月 1999-12
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0369710X
NCID AN0002986X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00027514
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想