リハビリテイション心理学研究  8

心理リハビリティション研究所 [編集]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 22・23) 1996.03~;本タイトル等は最新号による;別冊とも;出版地の変更あり;出版者変遷: 心理リハビリテイション研究所 (-11巻);1巻~30巻(2002),31巻1号(2003)~

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 重複障害児の集団集中訓練効果に関する研究--とくにひとり立ち訓練及び重度・重複障害児の訓練について / 深野佳和 / p1~12
  • 歩行動作評定尺度の尺度解析--重複障害児のデータによる検討 / 深野佳和 / p13~21
  • 心理リハを分裂病患者に試みた事例 / 蒲原くみ恵
  • 佐々木早苗
  • 斉藤美代子 / p22~27
  • 大きさの恒常性と運動経験の関係について--脳性マヒ児を対象として / K. ウェデル
  • コリン・V. ニューマン
  • P レイド
  • I.R. ブラドバァリー
  • 冨永良喜 / p28~32
  • IMAGE THERAPY FOR A CEREBRAL PALSIED PATIENT / Keiichi. Miyata / p33~35
  • 反射運動の統制にかんする心理学的研究 / 山本ひろ子 / p36~38
  • 昭和54年度心理リハビリテイションの会報告 / / p39~64
  • 1. 第5回心理リハビリテイションの会大会 / 大野博之
  • 蘭香代子 / p39~42
  • 2. シンポジアム「心理リハビリテイションの現代における課題」 / / p42~45
  • (1) シンポジアム概略 / 高橋良幸 / p42~42
  • (2) 科学理論としての心理リハビリテイション / 山本ひろ子 / p42~43
  • (3) 心理リハビリテイションにおける心理療法の側面 / 門前進 / p43~43
  • (4) 医療からみた心理リハビリテイション / 久田信行 / p44~44
  • (5) 教育現場からみた心理リハビリテイション / 荒正文 / p44~45
  • 3. 各分科会要約報告 / / p45~52
  • (1) 「母親大会」第1分科会 / 川原田一枝 / p45~46
  • (2) 「動作訓練技法I」第2分科会 / 亀口憲治 / p46~47
  • (3) 「動作訓練技法II」第3分科会 / 針塚進 / p47~48
  • (4) 「キャンプ設営」第4分科会 / 山本昌央 / p49~50
  • (5) 「養護・訓練」第5分科会 / 糸永和文 / p50~52
  • 4. 海外報告 / / p52~55
  • (1) アメリカ脳性マヒ協会ニューヨーク市マンハッタンセンターの訓練風景 / 鶴光代 / p52~52
  • (2) 文部省長期在外研究員報告(I) / 藤田継道 / p53~54
  • (3) 第1回韓国キャンプ報告 / 亀口憲治 / p54~55
  • 5. 研究発表 / / p55~61
  • (1) リラクセイションを中心にした事例 / 糸永和文 / p55~55
  • (2) 重複障害児のケース研究 / 進一鷹 / p56~57
  • (3) 重度脳性マヒ児の動作訓練 / 谷口謙次 / p57~60
  • (4) 心理リハビリテイションの訓練を受けて / 日山照美 / p60~61
  • 6. 特別講演 心理リハビリテイション / 成瀬悟策 / p62~63

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 リハビリテイション心理学研究
著作者等 心理リハビリティション研究所
心理リハビリテイション研究所
日本リハビリテイション心理学会
日本リハビリテイション心理学会編集委員会
書名ヨミ リハビリテイション シンリガク ケンキュウ
書名別名 The journal of rehabilitation psychology

Rihabiriteishon shinrigaku kenkyu
巻冊次 8
出版元 日本リハビリテイション心理学会
刊行年月 1980-08
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03895599
NCID AN00250242
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00028077
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想