大阪大学医学雑誌  39(4)

雑誌記事索引採録あり(大学紀要);国立国会図書館雑誌記事索引 2 (3) 1950.07~11 (5) 1959.05;本タイトル等は最新号による;出版者変遷: 大阪大学医学部 (1巻1号-<11巻5号>);出版地の変更あり;別冊とも;1巻1号~52巻12号(Dec.2000)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • ラット培養メサンギウム細胞におけるAngiotensin IIの増殖効果に関する研究 / 高間俊郎 / p1~7
  • ビタミンE欠乏ラットにおけるパラコート毒性の増強効果 / 阿部孝 / p9~20
  • 培養ヒト腫瘍細胞におけるアルキル化剤によるDNA損傷とその修復 / 辻村亨 / p21~35
  • T細胞活性化におけるサイクロスポリンAの抑制機序の解析 / 水島由美子 / p37~45
  • 水痘帯状庖疹ウイルス(VZV)によりbiochemical transformさせたマウス細胞中のウイルスDNA,RNA,タンパクの解析 / カンポーベラ ハーベイ / p47~53
  • 本態性高血圧症患者における血中内因性ウアバイン様因子に関する研究 / 長谷川卓志 / p55~61
  • サイトカラシンDによる亜急性硬化性全脳炎(SSPE)ウイルス感染細胞からの感染性粒子の誘出 / 綾田稔 / p63~68
  • 単純ヘルペスウイルスGlycoprotein Dによるヘルペス性角膜炎の予防効果について / 井上幸次 / p69~82
  • ドーパ脱炭酸酵素及びヒスチジン脱炭酸酵素の比較免疫学的研究 / 山本まや / p83~93
  • 多種類の細胞骨格蛋白質と相互作用を示すカルモデュリン結合蛋白質(サイトシナリン)の微小管形成への役割 / 伊藤和幸 / p95~100
  • 虚血に伴う脳蛋白質の変化 / 山下正 / p101~108
  • 背側脚傍核(PBD)外側部の電気刺激による高血糖発現機構 / 藤原力 / p109~117
  • バクテリオロドプシンの分子構造およびプロトンポンプ機能に及ぼす揮発性麻酔薬の影響--麻酔の作用機序に関して / 西村信哉 / p119~135
  • 補体古典経路のC5転換酵素におけるC4b-C3b二量体の意義 / 高田裕子 / p137~141
  • マウス精細胞の分化誘導に伴なう特異的蛋白質合成の2次元電気泳動法による解析 / 酒巻和弘 / p143~148
  • 培養ラット肝細胞のANOXIAによる形態学的変化 / 堺秀行 / p149~172
  • 噴門側胃切除術後にみられる食道炎の発生機序に関する臨床的研究 / 橋本創 / p173~191
  • ラット単離糸球体毛細血管内腔容積の測定とそれに及ぼすangiotensin IIの効果 / 北村栄作 / p193~201
  • ラット近位尿細管におけるL-glutamine輸送系の解明と慢性代謝性アシドーシス時の応答性 / 堀尾勝 / p203~215

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 大阪大学医学雑誌
著作者等 大阪大学医学会
大阪大学医学部
書名ヨミ オオサカ ダイガク イガク ザッシ
書名別名 Medical journal of Osaka University Japanese edition
巻冊次 39(4)
出版元 大阪大学医学会
刊行年月 1987-06
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0369710X
NCID AN0002986X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00027514
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想