臨床免疫  24(12)(270)

臨床免疫編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1969.08~45 (6) (通号: 432) 2006.06;本タイトル等は最新号による;編者: 1巻1号~3巻7号 (昭和46年) 臨床免疫研究会 出版者: 1巻1号~5巻11号 (昭和48年11月) 東京医学社 刊行頻度: 変更あり 特別増刊号とも;1巻1号(昭和44年2月)~10巻12号(Dec. 1978),11巻1号通巻103号(Jan. 1979)~45巻6号通巻432号(June 2006);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集I 胸腺-最近の知見・考え方 / / p1645~1696
  • T細胞負の選択とアポトーシス / 平峯千春 / p1645~1655
  • T細胞の分化と胸腺微小環境 / 広川勝〓,ほか / p1656~1666
  • 胸腺内トレランス / 饗場祐一,ほか / p1667~1674
  • T細胞の分化と接着分子 / 武内ゆみ子,ほか / p1675~1684
  • 胸腺外T細胞分化 / 安保徹 / p1685~1696
  • 特集II 臓器傷害における接着分子の関与 / / p1697~1719
  • 免疫性神経疾患における接着分子の役割 / 松本陽 / p1697~1704
  • 急性肺胞傷害と接着分子(LECAM-1/ELAM-1,CD11b/CD18など) / 大塚盛男,ほか / p1705~1710
  • 炎症性腸疾患における細胞接着因子の関与 / 大原博美,ほか / p1711~1715
  • 骨粗鬆症とインテグリンについて / 野田政樹 / p1716~1719
  • 動脈硬化性病変に関与するサイトカイン,接着分子 / 下門//顕太郎 / p1720~1727<3801097>
  • bcl-2プロトオンコジーンはB細胞メモリーに関与する? / 峯岸克行 / p1728~1732
  • Th2細胞の自己免疫疾患発症における関与 / 尾崎承一 / p1733~1742
  • 末梢リンパ装置における膜結合抗原を介する自己反応性B細胞の排除 / 井手山晋,ほか / p1743~1749
  • ポリエチレングリコール修飾による免疫抑制 / 高田優 / p1750~1755
  • TGF-βの免疫調節作用 / 石坂重昭 / p1756~1762
  • Apoptosisの誘導と抑制 / 井関利恵子,ほか / p1763~1768
  • CD5B細胞の起源とその疾患との関わり / 広瀬幸子 / p1769~1775
  • Gut associated lymphoid tissue(GALT) / 山下昭 / p1776~1784
  • 総目次 / / 巻末p1~19
  • 次号予告 / / 巻末
  • バックナンバー / / 巻末
  • 免疫薬理投稿規定 / / 巻末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床免疫
著作者等 東京医学社
科学評論社
臨床免疫研究会
臨床免疫編集委員会
書名ヨミ リンショウ メンエキ
書名別名 Clinical immunology
巻冊次 24(12)(270)
出版元 科学評論社
刊行年月 1992-12
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869695
NCID AN00132100
AN00254017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想