臨床免疫  28(5)(311)

臨床免疫編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1969.08~45 (6) (通号: 432) 2006.06;本タイトル等は最新号による;編者: 1巻1号~3巻7号 (昭和46年) 臨床免疫研究会 出版者: 1巻1号~5巻11号 (昭和48年11月) 東京医学社 刊行頻度: 変更あり 特別増刊号とも;1巻1号(昭和44年2月)~10巻12号(Dec. 1978),11巻1号通巻103号(Jan. 1979)~45巻6号通巻432号(June 2006);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集I 表面分子からの刺激の細胞内情報伝達 / / p531~564
  • B細胞レセプターからの情報伝達機構 / 川内喜代隆 / p531~539
  • アネルギーT細胞におけるTCRからの情報伝達 / 右田清志,ほか / p540~544
  • CD28分子を介するT細胞内情報伝達機構 / 大西宏明,ほか / p545~552
  • インテグリンからの細胞内情報伝達機構 / 野島美久 / p553~559
  • Fcγレセプターからの細胞内情報伝達 / 井指康裕,ほか / p560~564
  • 特集II I型アレルギーをめぐる最近の進歩 / / p565~599
  • 高親和性IgE受容体を介する刺激伝達機構 / 木原英利,ほか / p565~571
  • マスト細胞からのサイトカイン産生 / 融葉乃 / p572~576
  • 接着分子,特にVCAM-1を介する好酸球の活性化 / 永田真 / p577~582
  • T細胞を介する好酸球活性化 / 岩本逸夫,ほか / p583~588
  • アトピー性疾患におけるサイトカイン--IL-5産生亢進の機序とその制御 / 森晶夫,ほか / p589~599
  • HLAに連鎖した疾患感受性遺伝子のマッピング / 木村//彰方 / 600~607<3949260>
  • ホ-ミング / 反町//典子 / 608~617<3949261>
  • サイトカイン受容体γ鎖とNK細胞の発生 / 中村正孝 / p618~623
  • 原発性胆汁性肝硬変の自己抗原としてのPyruvate-Dehydrogenase Complex / 下田慎治,ほか / p624~630
  • LPS処理で分化型を獲得したヒト単球系細胞株(U937)に細胞間接着を誘導するモノクローナル抗体 / 池脇信直,ほか / p631~639
  • MHCに拘束されない抗原特異性キラーT細胞 / 牧口祐介,ほか / p640~646
  • Flow Conditionにおけるリンパ球の接着とローリングにはα₄インテグリンが関与する / 吉田憲正,ほか / p647~652
  • 抗原処理とプロテアソーム / 新原直樹,ほか / p653~659
  • B細胞活性化におけるCD40とCD40リガンドの役割 / 金子和光,ほか / p660~666
  • 次号予告 / / 号末
  • バックナンバー / / 号末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床免疫
著作者等 東京医学社
科学評論社
臨床免疫研究会
臨床免疫編集委員会
書名ヨミ リンショウ メンエキ
書名別名 Clinical immunology

Rinsho men'eki
巻冊次 28(5)(311)
出版元 科学評論社
刊行年月 1996-05
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869695
NCID AN00132100
AN00254017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想