臨床免疫  21(9)(231)

臨床免疫編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1969.08~45 (6) (通号: 432) 2006.06;本タイトル等は最新号による;編者: 1巻1号~3巻7号 (昭和46年) 臨床免疫研究会 出版者: 1巻1号~5巻11号 (昭和48年11月) 東京医学社 刊行頻度: 変更あり 特別増刊号とも;1巻1号(昭和44年2月)~10巻12号(Dec. 1978),11巻1号通巻103号(Jan. 1979)~45巻6号通巻432号(June 2006);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集I MHCをめぐって / / p1343~1400
  • 細胞間相互作用におけるMHCの役割(概説) / 石川博通 / p1343~1351
  • T細胞の抗原認識におけるMHCの役割 / 島田眞路 / p1352~1361
  • 免疫抑制とMHC / 西村泰治,ほか / p1362~1372
  • MHCの表出とサイトカイン / 高木秀二 / p1373~1382
  • ドナーMHC前処置による移植拒絶反応の抑制 / 小出幸夫 / p1383~1392
  • 胎児拒絶反応阻止におけるMHCの役割 / 吉田益美,ほか / p1393~1400
  • 特集II SLE研究の最近の進歩 / / p1401~1449
  • SLEモデル動物における自己抗体産生B細胞のレパートアの解析 / 岩井一宏,ほか / p1401~1407
  • NZBマウス由来のモノクローナルNTAの樹立とその特異性 / 広瀬幸子 / p1408~1415
  • SLEモデル動物のB細胞刺激因子に対する反応の多様性 / 畠山牧男 / p1416~1423
  • ヒトSLE患者末梢血単核球における細胞性がん遺伝子発現異常 / 出口安裕 / p1424~1430
  • ヒトSLEにおけるB細胞異常活性成立機序 / 鈴木登 / p1431~1438
  • ヒトSLE患者Tリンパ球の抗原刺激伝達系 / 兼岡秀俊 / p1439~1449
  • Polymerase Chain Reaction(PCR)とその臨床免疫への応用 / 猪子//英俊 / p1450~1461<3262662>
  • 腸管固有層リンパ球はHelper-inducer T細胞が優位である / 田中信介 / p1462~1469
  • 血中可溶性IL-2レセプター定量の臨床的意義 / 戸叶嘉明 / p1470~1476
  • SCID-huマウス / 野々山恵章 / p1477~1479
  • タイプIIコラーゲンと関節炎 / 高井康之 / p1480~1486
  • 補体membrane attack complex形成阻止膜糖蛋白 / 岡田則子,ほか / p1487~1492
  • 高親和性インターロイキン2リセプター複合体の形成機構 / 斉藤雄二 / p1493~1497
  • Brief Notes 植物症における生体防御機構-感染病態および免疫状態の検討- / 白坂有利,ほか / p1498~1500
  • モノクローナル抗体とウサギ補体による細胞障害に及ぼすヒト血清の影響についての検討 / 杉田憲一,ほか / p1501~1506
  • 免疫薬理 原発性免疫不全症の病態と治療に関する検討--Common variable immunodeficiencyに対するγグロブリン療法,化学修飾を施していない完全分子型の液状製剤(C-425)の効果,適用について / 元吉史昭,ほか / p1507~1514
  • 次号予告 / / 表3
  • 投稿規定 / / 号末
  • バックナンバー / / 号末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床免疫
著作者等 東京医学社
科学評論社
臨床免疫研究会
臨床免疫編集委員会
書名ヨミ リンショウ メンエキ
書名別名 Clinical immunology
巻冊次 21(9)(231)
出版元 科学評論社
刊行年月 1989-09
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869695
NCID AN00132100
AN00254017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想