臨床免疫  23(4)(250)

臨床免疫編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1969.08~45 (6) (通号: 432) 2006.06;本タイトル等は最新号による;編者: 1巻1号~3巻7号 (昭和46年) 臨床免疫研究会 出版者: 1巻1号~5巻11号 (昭和48年11月) 東京医学社 刊行頻度: 変更あり 特別増刊号とも;1巻1号(昭和44年2月)~10巻12号(Dec. 1978),11巻1号通巻103号(Jan. 1979)~45巻6号通巻432号(June 2006);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集I レセプターから細胞内への情報伝達 / / p473~540
  • レセプターを介するシグナル伝達 :T細胞レセプター / 片桐拓也,ほか / p473~485
  • B細胞表面免疫グロブリンとB細胞活性化 / 濱野照明,ほか / p486~494
  • IL-2レセプター--構造と機能,およびシグナル伝達機構 / 川真田伸,ほか / p495~505
  • IL-6レセプター / 杉田尚久,ほか / p506~514
  • FcεレセプターIIを介する細胞内情報伝達機構 / 前田裕弘,ほか / p515~523
  • FcγRのタイプによる情報伝達系の相違 / 今道友純,ほか / p524~532
  • 補体レセプター / 出口雅子,ほか / p533~540
  • 特集II 炎症反応におけるマクロファージ / / p541~583
  • マクロファージの遊走・浸潤のメカニズム / 神原武,ほか / p541~550
  • マクロファージのリピドメジエーター産生--その機序と意義 / 杉山幸比古 / p551~560
  • マクロファージ活性酸素産生,その機序と意義 / 辻際雅哉,ほか / p561~568
  • マクロファージのリソゾーム酵素放出,その機序と意義 / 鶴見介登 / p569~576
  • 肉芽腫形成とマクロファージ / 発地雅夫 / p577~583
  • 癌随伴神経病変と自己免疫 / 宮武//正
  • 田中//恵子 / p584~590<3724564>
  • HIVTatタンパクによるカポジ肉腫の増殖促進 / 水落利明 / p591~596
  • IL-2/LAK治療に伴うvascular leak syndrome(VLS)の発症機構 / 水野和人,ほか / p597~601
  • 強直性脊椎炎におけるHLA-B27と微生物抗原の意義 / 土屋尚之 / p602~608
  • 次号予告 / / 号末
  • 「免疫薬理」投稿規定 / / 号末
  • バックナンバー / / 前付

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床免疫
著作者等 東京医学社
科学評論社
臨床免疫研究会
臨床免疫編集委員会
書名ヨミ リンショウ メンエキ
書名別名 Clinical immunology

Rinsho men'eki
巻冊次 23(4)(250)
出版元 科学評論社
刊行年月 1991-04
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869695
NCID AN00132100
AN00254017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想