プロスタグランジンと消化性潰瘍

荒川哲男, 塚本純久 編

消化性潰瘍の治療を柱に、プロスタグランジン製剤の基礎知識から、実際の使用法までの必須59項目を、第一線の専門医が手際よくコンパクトに解説。プロスタグランジンの臨床的意義を理解するための最適の手引書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 プロスタグランジン(PG)
  • 第2章 消化性潰瘍
  • 第3章 消化性潰瘍の治療とプロスタグランジン(PG)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プロスタグランジンと消化性潰瘍
著作者等 塚本 純久
浅木 茂
荒川 哲男
書名ヨミ プロスタグランジン ト ショウカセイ カイヨウ
書名別名 Purosutaguranjin to shokasei kaiyo
出版元 医薬ジャーナル社
刊行年月 1994.2
ページ数 154p
大きさ 22cm
ISBN 475321446X
NCID BN10442703
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95072697
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想