マスコミ市民 : ジャーナリストと市民を結ぶ情報誌  (196)

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 349) 1998.01~;本タイトル等は最新号による;タイトル関連情報変遷: ジャーナリストと市民をむすぶ情報誌 (354号-375号);[1号]-;出版地の変更あり;出版者変遷: 日本マスコミ市民会議 (-318号)→ マスコミ情報センター (319号-355号)→ マスコミ市民 (356号-442号);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 異常フィーバーを"共演"したジャーナリズム / 西村憲治 / p2~9
  • 全斗煥大統領来日報道についての感想 / 清水知久 / p10~13
  • 日本的"謝罪"の心理構造について / 鄭敬謨 / p14~25
  • マスコミ日記--平和利用の決議・原則を空洞化する米軍事衛星利用の危険--全斗煥来日で変えた政府要人の現地音読み--"中流意識"は幻想か定着か、マスコミの意識の違い--黙視できぬ核廃棄物・核燃料の秘密輸送--原発労働者のガン死と電力--会社とマスコミの関係--真相究明報道よりも独善で決めつける『読売』の社説--角栄本の"文化人向け"配布とフジテレビの提供した独演番組--超法規の過剰警備を追及せず警察の代弁をするマスコミの怖さ / 青木貞伸 / p26~37
  • 解禁"協定"をめぐる宮内庁クラブの混乱 / 編集部 / p50~57
  • マスコミ現場から 臨時教育審議会「委員」の決まるまで / 新聞記者 / p64~67
  • マスコミ現場から 原子力船「むつ」総決算(3) / 倉沢治雄 / p68~73
  • 市民のひろば / 石渡信栄
  • 菊池之雄
  • 岩井雄二
  • 本多立太郎
  • 桑原和彦
  • 沢井政次
  • 鎌田隆宣
  • 大竹清風 / p38~43
  • 日本人は自民党と心中しろ!--日本暗黑資本主義の分析(28)"田中院政"御用文化人の劣情と背理 / 室伏哲郎 / p44~49
  • 連載第九回 犯罪報道は変えられるか 逮捕=犯人扱いしない韓国 / 浅野健一 / p58~63
  • マスコミ・デスクメモ--一九八四年一月 / 編集部 / p74~78

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 マスコミ市民 : ジャーナリストと市民を結ぶ情報誌
著作者等 マスコミ市民フォーラム
マスコミ市民編集部
マスコミ情報センター
日本マスコミ市民会議
書名ヨミ マスコミ シミン : ジャーナリスト ト シミン オ ムスブ ジョウホウシ
書名別名 ジャーナリストと市民をむすぶ情報誌

月刊マスコミ市民

Masukomi shimin
巻冊次 (196)
出版元 アストラ
マスコミ市民フォーラム
刊行年月 1984-11
ページ数
大きさ 21cm
全国書誌番号
00022524
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想