マスコミ市民 : ジャーナリストと市民を結ぶ情報誌  (262)

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 349) 1998.01~;本タイトル等は最新号による;タイトル関連情報変遷: ジャーナリストと市民をむすぶ情報誌 (354号-375号);[1号]-;出版地の変更あり;出版者変遷: 日本マスコミ市民会議 (-318号)→ マスコミ情報センター (319号-355号)→ マスコミ市民 (356号-442号);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 選挙制度審議会にとり込まれたマスコミ--本末転倒の政治改革 / 飯村庄三郎 / p2~9
  • "誤報〟について / 上田哲 / p10~21
  • 報道の"性暴力〟に抗議する--書かれる側の痛みわからぬ朝日新聞の連載記事 / 丸山友岐子 / p22~31
  • 日録・テレビニュース最前線から / 江口直彦 / p34~55
  • 兜町を舞台にした錬金術は解明されるか / 樺原治 / p56~67
  • マス・メディアと女性の人権--(9)女性をターゲットに加速する情報の商業化 / 鈴木みどり / p68~72
  • 「知る権利」と軍事秘密 (下) 沖縄・自衛隊ASWOC情報公開裁判をめぐって / 北克己 / p73~79
  • 沖縄からの手紙 / 山川好 / p80~87
  • ジャーナリストの眼 「足して二で割る」国対政治 / 新 / p88~91
  • マスコミ日記--日本の政治・経済への不信から円安防止問題を協力のポーズとされたG7の声明--いくつかの問題点が指摘されるNHKの『声・吉展ちゃん事件取り調べテープ』--民社党の新委員長人事報道で「大内」「米沢」と二転三転した新聞各紙の取材劇--言論統制のために盧泰愚大統領が任命した新社長に韓国放送公社労組が徹底抗戦--日本テレビが発掘した国民歌と日の丸・君が代義務化に対する一過性の批判報道--史上最大のイベント・花博で事故が続出する背景にある各官庁の"ナワ張り根性"--"大嘗祭"に対して憲法の解釈は国民感情や伝統を配慮しろという『産経』主張 / 青木貞伸 / p92~105
  • デスクのつぶやき / 淳 / p32~33
  • 市民のひろば / 保坂博
  • 岡本登志行
  • 嶋田三紀夫
  • 宮嶋實理
  • 中村守
  • 杣道夫 / p106~110

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 マスコミ市民 : ジャーナリストと市民を結ぶ情報誌
著作者等 マスコミ市民フォーラム
マスコミ市民編集部
マスコミ情報センター
日本マスコミ市民会議
書名ヨミ マスコミ シミン : ジャーナリスト ト シミン オ ムスブ ジョウホウシ
書名別名 ジャーナリストと市民をむすぶ情報誌

月刊マスコミ市民

Masukomi shimin
巻冊次 (262)
出版元 アストラ
マスコミ市民フォーラム
刊行年月 1990-06
ページ数
大きさ 21cm
全国書誌番号
00022524
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想