日本歯科評論  (449)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 87) 1950.01~(通号: 218) 1960.12 ; (通号: 679) 1999.05~;本タイトル等は最新号による;1号から61巻2号までの出版者: 日本歯科評論社;1号 - 698号(2000年12月) ; 61巻1号=699号(2001年1月) -;改題注記 : 合併前誌: 口;改題注記 : 合併前誌: 歯科毎月通信

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 日本小児歯科学会シンポジウムから 咬合誘導を考える / / ~41,43~52,55~64,67~79,81~91
  • 咬合誘導に関する考え方の変遷 / / p35~41
  • 矯正家の立場で咬合誘導を考える / / p43~52
  • 咬合誘導を考える--小児歯科・矯正歯科をふまえて / / p55~64
  • 咬合誘導の今後に関する問いかけと提案 / / p67~79
  • 小児歯科学としての咬合誘導の現状と将来を考える--私の考え方 / / p81~86
  • シンポジウムの質疑・応答から / / p87~91
  • 水銀に関する諸問題--アマルガムの安全使用に関連して / / p95~108
  • 歯牙・補綴物と口腔の悪性腫瘍(上) / / p111~123
  • 金属焼付ポーセレンの臨床--日本と米国(東海岸)の臨床を通して考える(下) / / p125~134
  • 舌癖を有する開咬症例へのアプローチ(その3) / / p137~147
  • いわゆるdiscrepancyについて(2) / / p151~161
  • 第58回IADR(国際歯科学会)総会ご案内 / / p162~163
  • 社会歯科学への誘い(5) / / p167~174
  • 分岐部病変を有する上顎大臼歯の治療成績--長期間にわたる調査報告 / / p177~184
  • 西ドイツの歯科事情(その2)西ドイツの補綴臨床の現状 / / p187~
  • 10歳を迎えた鶴見大学歯学部 / / p199~204
  • 歯科医院経営システム考(下) / / p207~214
  • あすなろ / / p4~5
  • 海外トピックス / / p6~7
  • 星のとき / / p8~9
  • 霞が関レポート / / p10~11
  • このごろ思うこと / / p12~13
  • 私の読後感 / / p218~219
  • よろず案内 / / p220~229

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本歯科評論
著作者等 ヒョーロンパブリッシャーズ
日本歯科評論社
書名ヨミ ニホン シカ ヒョウロン
書名別名 Dental review

Nippon dental review

The Nippon dental review

Nihon shika hyoron
巻冊次 (449)
出版元 ヒョーロン・パブリッシャーズ
刊行年月 1980-03
ページ数
大きさ 28cm
ISSN 02890909
NCID AN00191176
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00018612
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想