日本医事新報  (357)

日本医事新報社

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 1341) 1950.01~(通号: 1809) 1958.12 ; (通号: 3914) 1999.05.01~;本タイトル等は最新号による;130/131号から2540号までの並列タイトル: Japanese medical journal 178号まで旬刊;[1号] -

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 卷頭 保險醫の自衞手段によるか / / p1~1
  • 卷頭 報酬規程問題の一考察 / / p1~1
  • 卷頭 我等の會館か我等の監獄か / / p1~1
  • 學說 膀胱周圍炎に就て / 廣川和一 / p3~4
  • 學說 接種量より見たる腸「チフス」豫防接種の効果に就て (三)(了) / 杉野耕平 / p5~6
  • 學說 光線療法に就て(八) / 佐藤太平 / p6~6,11~11
  • 學說 輕費治療の研究、經濟的にして効率的なる處方(十九) / 森半兵衞 / p11~12
  • 說苑 漢詩和讀の話から東西醫學の將來に(下) / 矢來里人 / p12~13
  • 說苑 社會衞生としての救療事業と醫業問題(三) / 佐藤正 / p13~14
  • 說苑 埃及カイロに於ける第一回國際熱帶病及衞生學會に出席して(四) / 川村麟也 / p14~14,17~17
  • 抄錄 榮養研究所抄讀會 / 松室秀夫 / p18~18
  • 照射「アーゴステロール」を以てする佝僂病の治療 / 杉本好一 / p18~18
  • 牛の第一胃に於て「ヴイタミン」Bの合成 / 松室秀夫 / p18~18
  • 白鼠體中の鐵含有量 / 中村不一 / p18~18
  • 「ヴイタミン」Dによる臟器石灰化 / 藤本薰喜 / p18~18
  • 球菌の連鎖形成に封する培地の影響 / 井上憲政 / p18~18
  • 安息香酸「ナトリウム」が鼠の成長に及ぼす影響に就て / 中村不一 / p18~18
  • 菠薐草脂肋の成分に就て / 近藤光之 / p18~18
  • 牛乳の抗脚氣性及び抗「ペラグラ」性要素含有量 / 松室秀夫 / p18~18
  • 連鎖狀球菌による炭酸瓦斯の生産 / 井上憲政 / p18~18
  • 新報 / / p23~26,29~32
  • 調査欄 / / p35~44
  • 日本醫事畫報 / / p30~30,31~31
  • 往診鞄 / / p30~30
  • 第六感 / / p31~31
  • フース・ヒー 井上嘉都治君 / XY / p25~25
  • 獨文欄 / / p26~26
  • 日本藥理學會總會期日 / / p26~26
  • 內科學會明年宿題決定 / / p26~26
  • 岡山醫大失火 / / p26~26
  • 大島癩療養所の擴張 / / p26~26
  • 日本赤十字社病院長會議 / / p26~26
  • 醫學士會の建議 / / p26~26
  • 後藤伯追悼會 / / p26~26
  • 矢來町より / / p26~26
  • 英文欄 / / p25~25
  • 北京大學日本視察團 / / p25~25
  • 日赤衞生講話映寫會 / / p25~25
  • 陸軍々醫學校卒業生 / / p25~25
  • 財團法人慈惠會總會 / / p25~25
  • 九大醫學部復舊事業 / / p25~25
  • 東京市結核療養所擴張 / / p25~25
  • 保健衞生調査會特別委員會 / / p25~25
  • 東京府結核療養所敷地決定 / / p25~25
  • 朝鮮醫學會 / / p25~25
  • 海外事情 / / p29~29
  • 學會 / / p47~47
  • 誌上臨牀新問題及解答 / 柴田 / p48~48
  • 文苑 / 澤弌 / p49~49
  • 醫事案內廣告 / / p50~50

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本医事新報
著作者等 日本医事新報社
書名ヨミ ニホン イジ シンポウ
書名別名 Japan medical journal
巻冊次 (357)
出版元 日本医事新報社
刊行年月 1929-06
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03859215
NCID AN00185592
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00018317
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想