看護研究  15(3)(60)

医学書院

国立国会図書館雑誌記事索引 34 (1) (通号: 161) 2001.01~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;[1巻1号=1号] -

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • [特集] 看護研究における参加観察法 / 参加観察法研究会 / p1~170
  • [第I部] 看護研究概論 / H.S.ウイルソン / p3~48
  • 1. 研究の支柱としての科学哲学 / H.S.ウイルソン
  • S.Y.フェーガーハフ / p4~8
  • 2. アメリカにおける"研究"の教育 / H.S.ウイルソン
  • S.Y.フェーガーハフ / p9~19
  • 3. 書物や論文の読み方 / H.S.ウイルソン
  • S.Y.フェーガーハフ / p20~27
  • 4. 理論とは何か / H.S.ウイルソン
  • S.Y.フェーガーハフ / p28~35
  • 5. 研究のプロセス / H.S.ウイルソン
  • S.Y.フェーガーハフ / p36~45
  • 質疑応答 / ウイルソン
  • S.Y.フェーガーハフ / p46~48
  • [第II部] 参加観察法 / S.Y.フェーガーハフ / p49~109
  • 1. 参加観察法とはどんな研究方法か / S.Y.フェーガーハフ
  • H.S.ウイルソン / p50~54
  • 2. 看護婦である研究者が直面する問題 / S.Y.フェーガーハフ
  • H.S.ウイルソン / p55~63
  • 3. 日本において参加観察法を用いるには / S.Y.フェーガーハフ
  • H.S.ウイルソン / p64~65
  • 4. 研究者としての資質を育てるためのレッスン / S.Y.フェーガーハフ
  • H.S.ウイルソン / p66~70
  • 5. 研究のプロセス / S.Y.フェーガーハフ
  • H.S.ウイルソン / p71~98
  • 6. 看護における参加観察法の目的 / S.Y.フェーガーハフ
  • H.S.ウイルソン / p99~100
  • 演習--フィールド-ノートの分析の1例 / S.Y.フェーガーハフ
  • H.S.ウイルソン / p101~104
  • 質疑応答 / フェーガーハフ
  • H.S.ウイルソン / p105~109
  • 資料 / / p110~143
  • 1. 痛みのフィールド-ノートの例 / 小林富美栄
  • 原明子 / p110~124
  • 2. 痛み:組織,仕事,相互作用の面からの考察 / Anselm Strauss
  • Shizuko Y. Fagerhaugh
  • Barney Glaser
  • 尾田葉子 / p125~134
  • 3. 火傷病棟における痛みの表現と管理 / S.Y.フェーガーハフ / p135~143
  • 補講 / / p144~170
  • 1. 看護研究と実践のギャップを縮める / S.Y.フェーガーハフ / p144~155
  • 2. 看護における研究指導--その論点と方策 / H.S.ウイルソン / p156~161
  • 3. 私の「研究概論」の授業内容 / H.S.ウイルソン / p162~170

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 看護研究
著作者等 医学書院
書名ヨミ カンゴ ケンキュウ
書名別名 Japanese journal of nursing research

The Japanese journal of nursing research

Kango kenkyu
巻冊次 15(3)(60)
出版元 医学書院
刊行年月 1982-05
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00228370
NCID AN00046574
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00004408
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想