実験治療 = The experiment & therapy  (613)

国立国会図書館雑誌記事索引 (248):1950.4 ; (270):1954.3-(284):1955.12;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;復刊1号から506号までの並列タイトル: The experimental therapy;復刊1号から320号までの編者: 実験治療社;復刊1号から復刊8号までには239号から246号という表示もあり;復刊1号 -[復刊] 8号 ; no. 247 (Feb. 20, 1950)-;復刊1号から320号までの出版者: 実験治療社;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集:骨粗鬆症と薬物療法 / / p2~38
  • 骨粗鬆症治療の今日的意義 / 藤田拓男 / p2~2
  • 目でみるページ 骨粗鬆症の疫学 / 井上哲郎 / p3~6
  • 骨粗鬆症治療の最近の動向 / 折茂肇 / p7~10
  • 骨粗鬆症の診療の実際 / / p11~18
  • 内科・老年科領域 / 大畑雅洋 / p11~13
  • 産婦人科領域 / 多賀理吉 / p14~15
  • 整形外科領域 / 山本吉藏 ほか / p16~18
  • 骨粗鬆症の薬物療法 / / p19~27
  • 骨粗鬆症における骨量減少改善の意義 / 富田明夫 / p19~20
  • 薬物療法へのアプローチ / 森井浩世 / p21~21
  • 薬物療法へのアプローチ / 林𣳾史 / p22~22
  • 薬物療法へのアプローチ / 水野耕作 / p23~23
  • オステンの使い方 / 佐藤栄修 / p24~24
  • オステンの使い方 / 岡野一年
  • 山本逸雄 / p25~25
  • オステンの使い方 / 吉本祥生
  • 小田裕胤 / p26~26
  • オステンの使い方 / 江口正雄 ほか
  • 須田昭男 / p27~27
  • アドバイス / / p28~34
  • 退行期骨粗鬆症の診断基準 / 折茂肇 / p28~28
  • 骨粗鬆症の外来診療の仕方 / 大西利夫 / p29~31
  • 疾患の説明と服薬指導の仕方 / 白木正孝 / p32~33
  • 骨粗鬆症患者の生活指導 / 佐藤雅子 / p34~34
  • 話題 痴呆の合併症には高血圧,心疾患,骨折が多い / 山本俊幸 ほか / p20~20
  • トピックス 活性酸素と脳血管障害 / 葛谷文男 / p35~38

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 実験治療 = The experiment & therapy
著作者等 実験治療社
武田薬品工業株式会社
實驗治療社
書名ヨミ ジッケン チリョウ = The experiment & therapy
書名別名 The experimental therapy

The experiment & therapy

Jikken chiryo
巻冊次 (613)
出版元 武田薬品工業
刊行年月 1989-01
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 09107967
NCID AN00104932
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00107986
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想