実験治療 = The experiment & therapy  (430)

国立国会図書館雑誌記事索引 (248):1950.4 ; (270):1954.3-(284):1955.12;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;復刊1号から506号までの並列タイトル: The experimental therapy;復刊1号から320号までの編者: 実験治療社;復刊1号から復刊8号までには239号から246号という表示もあり;復刊1号 -[復刊] 8号 ; no. 247 (Feb. 20, 1950)-;復刊1号から320号までの出版者: 実験治療社;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 未来学--内科未来学 / 上田英雄 / p1~1
  • Medical topics / p2~6
  • 代謝--抗レニン物質 / Y. Y. / p2~2
  • 疼痛--癌末期の疼痛の治療 / H. Y. / p3~3
  • 加齢--人間の加齢 / M. Y. / p4~4
  • 遺伝--ヘモグロビン-分子構造の変化と罹病性- / T. Y. / p5~5
  • ME--レーザとMicro surgery / K. A. / p6~6
  • 今日の診断と薬物療法 頭部外傷後の片麻痺、頭痛の処置 / 植木幸明 / p7~8
  • 今日の診断と薬物療法 Capilanの臨床治験例と筋電図学的追跡 / 井奥匡彦 ほか / p9~11
  • 今日の診断と薬物療法 頭部外傷後遺症に対するCapilanの臨床経験 / 川上敬三 ほか / p12~13
  • 今日の診断と薬物療法 脳神経外科領域におけるカピランの使用経験 / 吉田護 ほか / p14~15
  • はんぺーじずいひつ / 小谷勉
  • 小机弘之
  • 小張一峰
  • 駿河敬次郎 / p16~17
  • ここが知りたい--耳鳴 / p18~19
  • 耳鳴の原因として考えられるものにはどんなものがあるか / 中島礼士 / p18~18
  • 耳鳴を伴う疾患は何か / 広瀬毅 / p18~18
  • 治療の目標とすべきものはなにか / 永浜武彦 / p19~19
  • 発現機構はどこまで解明されているか / 蝦原勇 / p19~19
  • 常用処方シリーズ--頭部外傷後遺症 / 星野列 ほか / p20~21
  • 救急処置の実際 / 中村季秋 / p22~23
  • (内科)てんかん発作 / 太中弘 / p22~22
  • (外科)黄疸と膵・十二指腸癌 / p22~22
  • (産婦人科)分娩後の大出血(特に弛緩出血と低線維素原血症について) / 岸本道太 / p23~23
  • (整形外科)上腕骨髁上骨折 / 竹村喬 / p23~23
  • 実験動物の素顔--カエル / 江上信雄 / p24~24
  • 癌に挑む--頭頸部がん / 竹田千里

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 実験治療 = The experiment & therapy
著作者等 実験治療社
武田薬品工業株式会社
實驗治療社
書名ヨミ ジッケン チリョウ = The experiment & therapy
書名別名 The experimental therapy

The experiment & therapy

Jikken chiryo
巻冊次 (430)
出版元 武田薬品工業
刊行年月 1968-02
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 09107967
NCID AN00104932
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00107986
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想