臨牀と研究 = The Japanese journal of clinical and experimental medicine  45(9)(524)

大道學館出版部

国立国会図書館雑誌記事索引 27 (1) 1950.01~;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: The Japanese journal of clinical and experimental medicine (<32巻1号>-);[21巻4号 = ?号]-;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 疼痛の機構に関して / 恒川//謙吾 / 1865~1869<8485090>
  • 外科的除痛術 / 最上//平太郎 / 1870~1877<8485091>
  • 麻酔と鎮痛 / 西邑//信男 / 1878~1884<8485092>
  • 鎮痛薬とその薬理 / 貫//文三郎 / 1885~1890<8485093>
  • 鎮痛薬の使い方 / 加藤//洋 / 1891~1895<8485094>
  • 頭痛 / 黒岩//義五郎 / 1896~1898<8485095>
  • 胸痛 / 井上//権治 / 1899~1902<8485096>
  • 心臓性疼痛 / 木村//登 / 1903~1909<8485097>
  • 血管性疼痛 / 三島//好雄 / 1910~1916<8485098>
  • 上腹部痛について / 三辺//謙 / 1917~1920<8485099>
  • 上腹部痛の外科 / 秋田//八年 / 1921~1928<8485100>
  • 下腹部痛 外科領域 / 林田//健男 / 1929~1934<8485101>
  • 産婦人科領域における下腹痛と対策 / 自見//昭司 / 1935~1939<8485102>
  • 先天性心疾患の手術適応に関する討論 Pink fallotおよびAIを伴なうVSDについて(剖検) / 麻田//栄 / 1940~1947<8485113>
  • 中毒性皮下出血(臨床講義) / 山田//外春 / 1948~1952<8485114>
  • 噴門癌(臨床講義) / 佐藤//博 / 1953~1956<8485115>
  • 破傷風(臨床講義) / 山本//俊介 / 1957~1960<8485116>
  • 創傷治癒とその治療 / 天児//民和 / 1961~1967<8485117>
  • 乳腺組織におけるステロイド代謝 / 藤森//正雄 / 1968~1977<8485118>
  • 所謂"癌の免疫学的治療" / 石川//義信 / 1978~1985<8485119>
  • 補体の化学と生物学的意義 / 鳥巣//要道 / 1986~1991<8485120>
  • TPHA反応について / 皆見//省吾 / 1992~1994<8485121>
  • Piribenzil methylsulfateのヒト胃,十二指腸運動におよぼす影響 / 木原//彊 / 1995~1998<8485122>
  • 2,3の産業中毒における急性酸素欠乏状態 / 田中//重男 / 1999~2005<8485123>
  • 補酵素型B12とHydroxocobalaminの比較に関する研究 / 奥田//邦雄 / 2006~2008<8485124>
  • 体温測定上の注意(学生講座) / 緒方//維弘 / 2009~2011<8485125>
  • 下痢及び便秘を中心として 薬理学的立場から(治療の実際) / 岳中//典男 / 2012~2017<8485126>
  • 外科的救急治療の実際(救急療法) / 無敵//剛介 / 2018~2020<8485128>
  • 心電図の新らしい考え方-9-左脚ブロックおよび心室内伝導障害(他科のために) / 森//博愛 / 2021~2029<8485129>
  • 脳波の読み方考え方-9-神経内科領域における脳波(他科のために) / 加藤//元博 / 2030~2032<8485130>
  • 開業医の窓から見た医業のうつり変わり(座談会) / 井上//侃二 / 2033~2044<8485131>
  • CG-201複合剤の腹部不定愁訴に対する効果 / 佐藤//八郎 / 2045~2048<8485132>
  • 2,3の非ステロイド系抗炎症剤(インドメサシン,イブフェナック)の初期血漿中濃度と臨床的評価 / 永富//英之 / 2049~2052<8485133>
  • 綜合消化剤(Berizym)の臨床効果 / 増田//正典 / 2053~2058<8485134>
  • 潰瘍性大腸炎におけるサラゾピリンの使用経験 / 鬼束//惇哉 / 2059~2061<8485135>
  • Irritable Colon Syndromeに対するMebeverineの治療効果 / 中川//哲也 / 2062~2064<8485136>
  • 降圧剤使用患者の電解質に対するアスパラギン酸K・Mg塩の影響 / 阿部//誠 / 2065~2072<8485137>
  • 神経内科領域における補酵素型ビタミンB12製剤(カロマイド)の使用経験 / 荒木//淑郎 / 2073~2076<8485138>
  • Mycoplasma Pneumoniae肺炎に対するErythrocineの効果 / 原//耕平 / 2077~2080<8485139>
  • 抗精神病薬W-130(Clothiapine)による治療経験 / 斎藤//正己 / 2081~2086<8485140>
  • 放射線による骨髄白血球系機能障害に対する合成ACTH-Zの効果 骨髄培養法による検討 / 曾根崎//昭三 / 2087~2089<8485141>
  • 開腹術後の腸管麻痺に対するD-Bis(N-Pantothenyl-β-aminoethyl)-disulfide-Pantethineの使用経験 / 安井//広明 / 2090~2093<8485142>
  • リウマチ性疾患にたいするINDACIN(Indomethacin)の効果 / 丹羽//滋郎 / 2094~2098<8485143>
  • 外科領域におけるParamidinの使用経験 / 池内//彦 / 2099~2102<8485144>
  • Salazopyrinの臨床経験 / 副島//林造 / 2103~2106<8485145>
  • 海外文献 / 九州歯科大学岡部内科 / p243~243
  • めも / / p168~168,243~243
  • 水俣病に思う(青ページ) / 鰐淵//健之 / 別17~18<8485088>

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨牀と研究 = The Japanese journal of clinical and experimental medicine
著作者等 大道学館
大道學館出版部
書名ヨミ リンショウ ト ケンキュウ = The Japanese journal of clinical and experimental medicine
書名別名 臨床と研究

The Japanese journal of clinical and experimental medicine

Rinsho to kenkyu
巻冊次 45(9)(524)
出版元 大道学館出版部
刊行年月 1968-09
ページ数
大きさ 30cm
ISSN 00214965
NCID AN00270170
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024466
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想