臨牀と研究 = The Japanese journal of clinical and experimental medicine  46(8)(535)

大道學館出版部

国立国会図書館雑誌記事索引 27 (1) 1950.01~;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: The Japanese journal of clinical and experimental medicine (<32巻1号>-);[21巻4号 = ?号]-;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 交通災害補償と法律 / 穴田//秀男 / 1681~1687<8485657>
  • 交通外傷と意識障害 / 北村//勝俊 / 1688~1691<8485658>
  • 交通外傷のリハビリテーション 特に骨折を主体とした四肢外傷を中心として / 松本//義康 / 1692~1701<8485659>
  • 頭部外傷後遺症のとりあつかいかた / 工藤//達之 / 1702~1705<8485660>
  • 胸腹部外傷の救急処置 / 砂田//輝武 / 1706~1712<8485661>
  • 交通事故と四肢外傷 / 安達//長夫 / 1713~1719<8485662>
  • 災害と感染 / 宮城//成圭 / 1720~1726<8485663>
  • 整形外科から見たスポーツ医学の現況 / 小杉//豊治 / 1727~1732<8485664>
  • スポーツ骨折の特異性 / 玉井//達二 / 1733~1738<8485665>
  • スポーツ挫傷と腱損傷 / 高岸//直人 / 1739~1743<8485666>
  • 所謂鞭打ち傷害 / 服部//奨 / 1744~1751<8485667>
  • 胆嚢ランブリア症と十二指腸液検査法(臨床講義) / 奥田//邦雄 / 1752~1756<8485669>
  • 後天性心臓弁疾患の外科 / 福慶//逸郎 / 1757~1765<8485670>
  • 副腎の外科 / 辻//秀男 / 1766~1773<8485671>
  • 腎外症候性急性糸球体腎炎 / 小林//収 / 1774~1778<8485672>
  • 伝染性単核症と病原 / 布上//董 / 1779~1784<8485673>
  • 胆道疾患,殊に胆石症の超音波診断 その成績についての検討 / 正//義之 / 1785~1789<8485674>
  • 症状から見た検査のすすめ方 不整脈(臨床検査法) / 真柴//裕人 / 1790~1794<8485675>
  • 口蓋扁桃炎治療の問題点(治療のポイント) / 向野//興雄 / 1795~1798<8485676>
  • 胸部異常陰影を伴なった原発性マクログロブリン血症(臨床と病理の会-198-) / 中村//寛 / 1799~1807<8485677>
  • 偽性孔脳症 その臨床病理と発生病理(剖検所見から) / 高嶋//幸男 / 1808~1817<8485678>
  • 肥満児(座談会) / 古城//昌 / 1818~1829<8485679>
  • 急性腎不全を併発した汎発性鞏皮症の一例(臨牀) / 江沢//英光 / 1830~1833<8485680>
  • 絹糸胆石の一例 / 中山//啓 / 1834~1835<8485681>
  • 外傷性頸部症候群におけるヒルドイドの使用経験 / 時任//純孝 / 1836~1838<8485682>
  • オイラゾンDクリームによる皮膚疾患の治療成績 / 笹川//正二 / 1839~1842<8485683>
  • プロスシラリジンA並びにTC-25Dの使用経験 / 安部//文雄 / 1843~1847<8485684>
  • Double blind,controlled trialによる新鎮痛消炎剤「AP-14」の頸肩腕症候群(特に所謂鞭打損傷後遺症)に対する薬効検定 / 兵頭//正義 / 1848~1856<8485685>
  • Vasculat-PLの使用経験 / 原岡//昭一 / 1857~1861<8485686>
  • 経口糖尿病治療剤2-(4-Methoxyphenyl-sulfonamide)-5-isobutyl-1,3,4-thiodiazole(Isopamin)の治療成績-1- / 三村//悟郎 / 1862~1867<8485687>
  • 耳鼻咽喉科領域におけるDA-398の投与経験 特に慢性副鼻腔炎手術後,扁桃摘出術後,急性扁桃炎および急性咽頭炎症例に対する効果 / 早川//亘 / 1868~1870<8485688>
  • 放射線による骨髄白血球系障害に及ぼすCepharantinの効果 骨髄培養法による実験 / 曽根崎//昭三 / 1871~1874<8485689>
  • Proscillaridin A(Caradrin)の使用経験 / 無敵//剛介 / 1875~1879<8485690>
  • 整形外科疾患に対するDA-398の使用経験 Double blind methodによる / 那須//耀夫 / 1880~1886<8485691>
  • 呼吸器および胆道感染症におけるThiophenicolの使用経験 / 杉野//俊一 / 1887~1890<8485692>
  • PG-74(徐効性クレボン)による糖尿病治療経験 / 松田//清 / 1891~1897<8485693>
  • 脳血栓症ことに椎骨脳底動脈血栓症に対する線溶酵素剤Urokinaseの使用経験 / 斉藤//義一 / 1898~1904<8485694>
  • 精神病質状態に対するNeuleptilの使用経験 / 村田//穣也 / 1905~1913<8485695>
  • 炎症反応に対する抗炎症剤の効果 特にDA-398の抗炎症作用 / 青木//隆一 / 1914~1919<8485696>
  • 新薬紹介 イノリン・プレオ・ゲンタシン・プロレジド / 梅津剛吉 / p240~241
  • めも / / p176~176
  • 青ページ 「へき地の医療問題」をめぐって / 和田武雄 / p15~16

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨牀と研究 = The Japanese journal of clinical and experimental medicine
著作者等 大道学館
大道學館出版部
書名ヨミ リンショウ ト ケンキュウ = The Japanese journal of clinical and experimental medicine
書名別名 臨床と研究

The Japanese journal of clinical and experimental medicine
巻冊次 46(8)(535)
出版元 大道学館出版部
刊行年月 1969-08
ページ数
大きさ 30cm
ISSN 00214965
NCID AN00270170
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024466
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想