欧洲経済学史の群像

田添京二 著

本書は、ヨーロッパ経済学史・思想史の主な結節点を担った経済学者・経済思想家たちの営為のあとを、その時代的背景と理論的構造の両面から照射しようと試みた論文集である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 サー・ウィリアム・ペティの生涯と時代
  • 第2章 ステュアートとスミス
  • 第3章 スコットランド史をめぐって
  • 第4章 マルクス『剰余価値学説史』の視角

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 欧洲経済学史の群像
著作者等 田添 京二
書名ヨミ オウシュウ ケイザイガクシ ノ グンゾウ
シリーズ名 KGU叢書
出版元 白桃書房
刊行年月 1995.6
ページ数 264p
大きさ 22cm
ISBN 456186024X
NCID BN12713754
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95072399
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想