北海道立衛生研究所報 = Report of the Hokkaido Institute of Public Health  19

北海道立衛生研究所 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 (51) 2001~;特報あり;1集 (昭和26年4月)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 題言 / 安保寿 / p1~270
  • 1 E型ボツリヌス毒素の経口投与条件 / 唐島田隆
  • 小野悌二
  • 亀山邦男
  • 山口勲
  • 神沢謙三
  • 飯田広夫 / p1~5
  • 2 流血中にボツリヌスE型毒素の証明された一症例 / 飯田広夫
  • 田宮幸一
  • 福田良平 / p6~8
  • 3 E型ボツリヌス中毒の血清療法に関する実験的研究(第3報)特に毒素の消化管からの吸収について / 小野悌二
  • 唐島田隆
  • 亀山邦男
  • 山口勲
  • 神沢謙三
  • 飯田広夫 / p9~16
  • 4 E型ボツリヌス中毒の血清療法に関する実験的研究(第4報) / 小野悌二
  • 唐島田隆
  • 亀山邦男
  • 山口勲
  • 神沢謙三
  • 飯田広夫 / p17~25
  • 5 1968年の北海道におけるインフルエンザの流行について / 桜田教夫
  • 奥原広治
  • 佐藤七七郎
  • 野呂新一 / p26~29
  • 6 1967年の北海道におけるポリオ,インフルエンザ,日本脳炎の流行予測について / 桜田教夫
  • 奥原広治
  • 佐藤七七郎
  • 野呂新一
  • 飯田広夫
  • 国府谷よし子
  • 由布久美子 / p30~38
  • 7 緬羊赤血球を用いた抗ストレプトマイシンO価の測定について / 中村律子
  • 中川哲雄
  • 佐藤秀男
  • 飯田広夫 / p39~40
  • 8 肺ASPERGILLUS症の真菌学的培養法と血清学的診断法について / 高橋幸治 / p41~48
  • 9 体軀ASPERGILLUS症の1例 / 高橋幸治
  • 清野昌孝 / p49~53
  • 10 礼文島におけるエヒノコックス症に関する調査研究報告--昭和42年,43年度検診成績 / 熊谷満
  • 飯田広夫
  • 高橋幸治
  • 上田正義
  • 葛西洋一
  • 中村孝
  • 田中哲
  • 小林良二
  • 野崎俊夫
  • 吉川繁
  • 上野勇 / p54~65
  • 11 エヒノコックス症皮内反応の研究(第2報)多包条虫虫体抽出液による皮内反応 / 熊谷満
  • 飯田広夫
  • 高橋幸治
  • 上田正義
  • 上妻穆 / p66~73
  • 12 標茶保健所管内におけるエヒノコックス症に関する調査研究報告(第1報) / 熊谷満
  • 上田正義
  • 高橋幸治
  • 飯田広夫
  • 上妻穆
  • 南田延二
  • 荒木光男 / p74~81
  • 13 北海道の多包性包虫症におけるキタキツネの役割について / 長谷川恩 / p82~91
  • 14 北海道のネズミに寄生するケモチダニ5種 / 大野善右衛門 / p92~95
  • 15 日常食品の衛生的品質および保存性に関する調査研究(第8報)市販の醗酵乳,乳酸菌飲料の食品微生物的品質評価 / 小笠原和夫
  • 三田村弘
  • 砂川紘之 / p96~105
  • 16 日常食品の衛生的品質および保存性に関する調査研究(第9報)醗酵乳,乳酸菌飲料の保存性について / 小笠原和夫 / p106~110
  • 17 p-Dimethylaminobenzaldehydeによるズルチンの比色定量法について / 河井保人 / p111~113
  • 18 北海道産まふぐの毒性について / 丹川義彦
  • 中根正行
  • 斎藤富保
  • 羽賀正照
  • 小西一夫 / p114~116
  • 19 道産米の水銀含有量について / 丹川義彦 / p117~118
  • 20 水産加工品に残留する合成洗剤について / 丹川義彦 / p119~120
  • 21 北海道産果実の農薬の残留と洗浄試験について / 丹川義彦
  • 中根正行 / p121~123
  • 22 Belvitan"K"処理による馬鈴薯の貯蔵中におけるα-methylnaphthylmethylether並びにVitamin Cの消長について / 丹川義彦 / p124~126
  • 23 農薬による中毒防止に関する研究(第13報)水田地帯における水銀の残留について / 斎藤守民
  • 北山正治
  • 森三佐雄
  • 橘高毅 / p127~131
  • 24 新農薬スクレックスの亜急性毒性の検討 / 中谷省三
  • 北山晴彦
  • 上田正義
  • 北山正治
  • 斎藤守民
  • 橘高毅 / p132~139
  • 25 道産大麻の研究(第1報)道産野生大麻の分布と麻酔性成分について / 橘高毅
  • 本間正一
  • 金島弘恭
  • 森三佐雄
  • 古賀有道
  • 西岡征四郎
  • 寿田幸喜 / p140~143
  • 26 液剤中のビタミンの安定性について(第2報) / 本間正一
  • 金島弘恭
  • 森三佐雄
  • 橘高毅 / p144~147
  • 27 北海道の温泉成分の化学的研究(第9報)濁川温泉の湧出機構 / 中谷省三
  • 都築俊文
  • 勝田也子
  • 橘高毅
  • 渡瀬納
  • 三上正村
  • 森田邦雄 / p148~151
  • 28 北海道の温泉成分の化学的研究(第10報)鹿部温泉の湧出機構 / 中谷省三
  • 都築俊文
  • 勝田也子
  • 橘高毅
  • 渡瀬納
  • 三上正村
  • 森田邦雄 / p152~155
  • 29 ヒ素定量法におけるグットツァイト法およびチオナリド錯塩抽出法の比較 / 中谷省三
  • 森三佐雄
  • 都築俊文
  • 勝田也子
  • 橘高毅 / p156~158
  • 30 ヘアスプレー中のメタノール簡易検出法の一考察 / 橘高毅
  • 本間正一
  • 金島弘恭
  • 古賀有道
  • 中村喜敬
  • 小林正直 / p159~160
  • 31 北海道主要都市における大気汚染の人体におよぼす影響についての疫学的調査(第1報)暖房期の居室環境と住民の健康との関連について / 向後鉄太郎
  • 遠藤良作
  • 大宅辰紀 / p161~171
  • 32 北海道主要都市における大気汚染の人体に及ぼす影響についての疫学的調査(第2報)大気汚染の居室環境への影響と健康との関連について / 向後鉄太郎
  • 遠藤良作
  • 大宅辰紀
  • 菅原直毅 / p172~183
  • 33 冬の札幌の大気汚染(第2報)地域別亜硫酸濃度分布について / 向後鉄太郎
  • 遠藤良作
  • 大宅辰紀
  • 菅原直毅 / p184~189
  • 34 北海道の都市における自動車排出ガスの大気汚染について(第3報)赤外線自記分析計による一酸化炭素濃度の測定について / 遠藤良作
  • 向後鉄太郎
  • 菅原直毅
  • 松本寛
  • 大宅辰紀 / p190~196
  • 35 北海道の都市における自動車排出ガスの大気汚染について(第4報)苫小牧市における調査結果について / 遠藤良作
  • 向後鉄太郎
  • 菅原直毅
  • 松本寛
  • 大宅辰紀
  • 山崎民世 / p197~201
  • 36 導電率法による亜硫酸ガス濃度測定における妨害因子の研究(第1報)マイナスに妨害する物質について / 遠藤良作
  • 大宅辰紀
  • 向後鉄太郎
  • 菅原直毅 / p202~207
  • 37 北海道の悪臭実態調査について(第3報)水産加工場における悪臭の化学分析とその防除対策の一知見 / 遠藤良作
  • 向後鉄太郎
  • 大宅辰紀
  • 菅原直毅 / p208~217
  • 38 北海道の悪臭実態調査について(第4報)脱臭剤噴霧によるし尿汲取車脱臭装置の効果試験について / 遠藤良作
  • 向後鉄太郎 / p218~222
  • 39 農業労働の社会医学的研究(第1報)北海道における農家人口の質的量的変化と農業労働災害発生の実態について / 島貫光治郎
  • 向後鉄太郎 / p223~238
  • 40 沈澱池の合理化に関する研究(第2報)排水処理における素堀水平流式沈澱池の水理特性調査 / 伊藤英司
  • 安藤和夫
  • 中村俊男 / p239~241
  • 41 北海道における放射能汚染に関する研究(VIII)最近における環境放射汚染レベルについて / 安藤芳明
  • 佐藤洋子 / p242~247
  • 42 放射線照射食品の微生物学的安全性に関する研究(第1報)照射および非照射魚肉におけるボッリヌスE型菌の汚染レベルについて / 安藤芳明
  • 亀山邦男
  • 唐島田隆 / p248~252
  • 43 北海道における高血圧と栄養撮取に関する調査(第1報)水田及び酪農専業農家について(1) / 森量夫
  • 川端純一
  • 福士敏雄
  • 赤城幾代
  • 松田和子
  • 佐藤芳枝
  • 山本勇夫
  • 会田尚顕
  • 馬場栄一
  • 高橋幸男
  • 芝木秀夫
  • 島崎昭
  • 梅津卓 / p253~260
  • 44 米ぬか食用油に関する研究(第6報)加熱酸化における泡立ち性と発煙点の低下 / 福士敏雄 / p261~263
  • 45 小麦粉の強化ビタミンにおよぼす過酸化ベンゾイルの影響 / 福士敏雄
  • 佐藤芳枝 / p264~266
  • 46 チオクローム螢光法によるビタミンB₁の定量 定量における誤差要因について / 山本勇夫
  • 松田和子 / p267~270

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 北海道立衛生研究所報 = Report of the Hokkaido Institute of Public Health
著作者等 北海道立衛生研究所
書名ヨミ ホッカイドウリツ エイセイ ケンキュウジョホウ = Report of the Hokkaido Institute of Public Health
書名別名 Report of the Hokkaido Institute of Public Health

Hokkaidoritsu eisei kenkyujoho
巻冊次 19
出版元 北海道立衛生研究所
刊行年月 1969-06
ページ数
大きさ <26-30>cm
ISSN 04410793
NCID AN00231077
AA12077992
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00022336
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想