北海道立衛生研究所報 = Report of the Hokkaido Institute of Public Health  42

北海道立衛生研究所 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 (51) 2001~;特報あり;1集 (昭和26年4月)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 1 北海道内分娩施設の消毒法に関する研究--特にそのクレチン症マススクリーニングへの影響についての検討 / 原田正平
  • 市原侃
  • 新井純理
  • 木﨑節子
  • 本間寛 / p1~4
  • 2 薬用植物クコの育苗・増殖試験とクコ果実(枸杞子)のアンジオテンシン変換酵素阻害活性 / 兼俊明夫
  • 山口陽子
  • 梶勝次
  • 館和夫
  • 佐藤孝夫
  • 林隆章
  • 姉帯正樹
  • 金島弘恭 / p5~8
  • 1 フェニルアラニン脱水素酵素を用いた濾紙血液中フェニルアラニンの比色定量法の検討 / 新井純理
  • 木﨑節子
  • 原田正平
  • 市原侃 / p9~13
  • 2 農薬による食品汚染について(第19報)1988~1991年度、北海道産農産物中における農薬の残留状況 / 佐藤正幸
  • 長南隆夫
  • 内藤深雪
  • 堀義宏 / p14~20
  • 3 カンゾウの育苗と北海道産甘草の品質 / 姉帯正樹
  • 梶山努
  • 吉澤晃
  • 林隆章
  • 兼俊明夫
  • 吉田俊幸
  • 三浦豊雄
  • 山岸喬
  • 金島弘恭 / p21~24
  • 4 市販ミネラルウォーター類の成分組成 / 伊藤八十男
  • 内野栄治
  • 上田祥久
  • 高野敬志
  • 都築俊文 / p25~29
  • 5 1991年度の北海道におけるポリオ、インフルエンザ及び日本脳炎の流行予測調査 / 沢田春美
  • 野呂新一
  • 泉敏彦
  • 国府谷よし子
  • 由布久美子
  • 桜田教夫 / p30~33
  • 1 1991年の北海道におけるエコーウイルス9及び30型による無菌性髄膜炎 / 沢田春美
  • 由布久美子 / p35~36
  • 2 1991年度に北海道において流行したインフルエンザ / 野呂新一
  • 国府谷よし子
  • 沢田春美
  • 泉敏彦
  • 由布久美子
  • 桜田教夫 / p37~39
  • 3 1990および1991年度のインフルエンザ様疾患患者からのウイルス分離同定--第2報 / 国府谷よし子
  • 野呂新一
  • 沢田春美 / p40~41
  • 4 北海道で確認された大腸菌O157:H7による出血性大腸炎の1例 / 相川孝史
  • 本間寛
  • 桜田教夫
  • 熊谷満
  • 津田哲哉
  • 竹田美文 / p42~43
  • 5 Clostridium butyricum芽胞の哺乳マウスヘの感染実験 / 三田村弘
  • 亀山邦男
  • 長谷川伸作
  • 相川孝史
  • 本間寛 / p44~46
  • 6 DNAプローブ法による乳製品および環境材料中のリステリア属菌の検出について / 武士甲一
  • 砂川紘之
  • 岡田迪徳 / p47~47
  • 7 北海道における新生児の先天性代謝異常症マス・スクリーニングについて(昭和52年度~平成3年度) / 新井純理
  • 市原侃
  • 木﨑節子
  • 原田正平
  • 本間寛
  • 荒島真一郎
  • 工藤亨
  • 奥野晃正 / p48~51
  • 8 ミニカラム法による牛乳中の残留抗生物質の検出について / 武士甲一
  • 砂川紘之
  • 岡田迪徳 / p52~53
  • 9 ゲル浸透クロマトグラフィー(GPC)を用いた畜水産食品に残留する有機塩素系農薬分析の前処理について / 平間祐志
  • 中野道晴 / p54~57
  • 10 北海道産人参中のジンセノサイド類の定量 / 姉帯正樹
  • 林隆章
  • 兼俊明夫
  • 金島弘恭 / p58~60
  • 11 ゴルフ場の模擬グリーンにおける農薬流出について / 桂英二
  • 小川広
  • 小島弘幸
  • 金島弘恭 / p61~64
  • 12 ゴルフ場使用農薬による環境汚染の防止に関する研究(第2報)--水溶性農薬の紫外線照射併用オゾン処理による分解 / 小島弘幸
  • 桂英二
  • 小川広
  • 金島弘恭 / p65~67
  • 13 1991年度の輸入食品の放射性セシウムについて / 福田一義 / p68~70
  • 他誌発表 1 幕の内弁当による腸炎ビブリオ食中毒 / 長谷川伸作 / p71~71
  • 他誌発表 2 Serological Survey for Lyme Disease in Sika Deer (Cervus nippon yesoensis) by Enzyme-Linked Immunosorbent Assay(ELISA) / Emiko Isogai
  • Hiroshi Isogai
  • Toshiyuki Masuzawa
  • Yasutake Yanagihara
  • Nanao Sato
  • Shunji Hayashi
  • Toshiyuki Maki
  • Mamoru Mori / p71~71
  • 他誌発表 3 Antigenic Properties of Borrelia burgdorferi Isolated from Ixodes ovatus and Ixodes persulcatus in Hokkaido, Japan / Toshiyuki Masuzawa
  • Yutaka Okada
  • Yasutake Yanagihara
  • Nanao Sato / p72~72
  • 他誌発表 4 神経学的3主徴を呈したLyme病の1例 / 塩川哲男
  • 長谷川公範
  • 山崎雅勇
  • 伊古田俊夫
  • 佐藤七七朗 / p72~72
  • 他誌発表 5 An Established Cell Line of Larval Echinococcus multilocularis / Koji Furuya / p72~72
  • 他誌発表 6 ロタウイルスワクチンMMU-18006株とポリオワクチンの同時接種に関する検討 / 宇加江進
  • 中田修三
  • 足立憲昭
  • 古川圭子
  • 千葉俊三
  • 沢田春美
  • 野呂新一
  • 桜田教夫
  • 浦沢正三 / p73~73
  • 他誌発表 7 エイズ医薬品スクリーニング研究 II.1989年度報告 / 野呂新一
  • 佐藤七七朗
  • 桜田教夫
  • 藤田宜哉
  • 石崎徹 他 / p73~73
  • 他誌発表 8 エイズ医薬品候補物質のスクリーニング研究 / 三瀬勝利
  • 野呂新一
  • 佐藤七七朗
  • 桜田教夫 他 / p74~74
  • 他誌発表 9 Immune Suppression Induced by Protoscoleces of Echinococcus multilocularis in Mice: Evidence for the Presence of CD8dull Suppressor Cells in Spleens of Mice Intraperitoneally Infected with E. multilocularis / Takako Kizaki
  • Seiichi Kobayashi
  • Kazumasa Ogasawara
  • Noorbibi K.Day
  • Robert A.Good
  • Kazunori Onoe / p74~74
  • 他誌発表 10 周産期ヨード代謝のクレチン症マススクリーニングへの影響の検討--特に分娩時の母体の消毒法と新生児尿中ヨード排泄量の関係 / 原田正平
  • 市原侃
  • 松浦信夫 / p75~75
  • 他誌発表 11 生後1カ月児の乾燥血液濾紙中甲状腺刺激ホルモン・遊離サイロキシン値の検討--周産期のヨード含有消毒剤使用の新生児甲状腺機能に与える影響の検討 / 原田正平
  • 市原侃
  • 松浦信夫 / p75~76
  • 他誌発表 12 マススクリーニングで発見されなかったクレチン症症例の検討 / 原田正平
  • 市原侃
  • 松浦信夫
  • 藤枝憲二 / p76~76
  • 他誌発表 13 周産期のヨード含有消毒剤使用によるクレチン症マススクリーニング偽陽性者増加の検討 / 原田正平
  • 市原侃
  • 松浦信夫
  • 藤枝憲二 / p77~77
  • 他誌発表 14 北海道のマススクリーニングで発見されたクレチン症患児の長期知能予後の検討 / 原田正平
  • 市原侃
  • 松浦信夫
  • 藤枝憲二
  • 福士勝
  • 菊地由生子 / p77~78
  • 他誌発表 15 マススクリーニングで発見された軽症クレチン症 / 原田正平
  • 松浦信夫
  • 藤枝憲二
  • 大柳和彦
  • 奥野晃正
  • 市原侃
  • 福士勝
  • 菊地由生子 / p78~78
  • 他誌発表 16 ヨード代謝と胎児甲状腺機能の発達--ヨード含有消毒剤による医原性ヨード過剰の影響 / 原田正平
  • 松浦信夫 / p79~79
  • 他誌発表 17 ヨード含有消毒剤の乳汁移行と児のヨード代謝への影響 / 原田正平
  • 市原侃
  • 松浦信夫
  • 藤枝憲二 / p79~80
  • 他誌発表 18 High-Performance Separation by Capillary Tube Isotachophoresis Utilizing Complex-Forming Equilibria / Hitoshi Yoshida
  • Shunitz Tanaka
  • Takashi Kaneta
  • Yuji Hirama / p81~81
  • 他誌発表 19 Separation and Determination of Trace Elements by Isotachophoresis / Hitoshi Yoshida
  • Shunitz Tanaka
  • Yuji Hirama
  • Masahiko Kan / p81~81
  • 他誌発表 20 北海道沿岸魚介類中の重金属について / 山本勇夫
  • 松田和子
  • 佐藤千鶴子 / p82~82
  • 他誌発表 21 Characterization of Neurotoxigenic Clostridium butyricum Strain by DNA Hybridization Test and by in vivo and in vitro Germination Tests of Spores / Kouichi Takeshi
  • Nobuhiro Fujii
  • Kouichi Kimura
  • Kiyotaka Yamakawa
  • Shinichi Nakamura
  • Mitsuru Kumagai
  • Keiji Oguma / p82~82
  • 他誌発表 22 Isolation and Characterization of Converting and Non-converting Phages, Harbored in the Strains of Clostridium botulinum Types C and D Isolated in Japan / Hiroyuki Sunagawa
  • Katsuhiro Inoue / p83~83
  • 他誌発表 23 高速液体クロマトグラフィーによる水中のオキシン銅の定量 / 小川広
  • 桂英二
  • 兼俊明夫
  • 金島弘恭 / p84~84
  • 他誌発表 24 各種乾燥法によるアオジソの乾燥特性 / 尾谷賢
  • 内山智幸
  • 山崎邦雄
  • 清水條資
  • 本田重司
  • 山内順一
  • 山岸喬
  • 姉帯正樹
  • 金島弘恭 / p84~84
  • 他誌発表 25 センキュウ乾燥工場の調査及びシステムの改善 / 尾谷賢
  • 内山智幸
  • 山崎邦雄
  • 清水條資
  • 本田重司
  • 姉帯正樹
  • 金島弘恭 / p85~85
  • 他誌発表 26 Determination of Germanium Species by Hydride Generation-Inductively Coupled Argon Plasma Mass Spectrometry / Kazuo Jin
  • Yasuyuki Shibata
  • Masatoshi Morita / p86~86
  • 他誌発表 27 Effects of 3-Amino-1, 4-dimethyl-5H-pyrido (4, 3-b) indole (Trp-P-1) and3-Amino-1-methyl-5H-pyrido (4, 3-b) indole (Trp-P-2) on Somatic Mutation in Soybean Y₁₁y₁₁ Plants / Yoshinobu Katoh
  • Yoshio Sano / p86~86
  • 他誌発表 28 Biochemical Changes in Phosphorus Compounds and in the Activities of Pytase and α-Amylase inthe Rice (Oryza sativa) Grain during Germination / Shigeshi Kikunaga
  • Yoshinobu Katoh
  • Masayuki Takahashi / p87~87
  • 他誌発表 29 Synergist Induced Potentiometric Response of Liquid Membranes Containing Chelating Agents / Yasoo Itoh
  • Hideo Akaiwa
  • Masao Sugawara
  • Yoshio Umezawa / p87~87
  • 他誌発表 30 Purificaton and Partial Amino Acid Sequence of Clostridium botulinum Neurotoxin Type D / Tohru Ohyama
  • Hiroyuki Sunagawa
  • Toshihiro Watanabe
  • Katsuhiro Inoue / p88~88

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 北海道立衛生研究所報 = Report of the Hokkaido Institute of Public Health
著作者等 北海道立衛生研究所
書名ヨミ ホッカイドウリツ エイセイ ケンキュウジョホウ = Report of the Hokkaido Institute of Public Health
書名別名 Report of the Hokkaido Institute of Public Health
巻冊次 42
出版元 北海道立衛生研究所
刊行年月 1992-08
ページ数
大きさ <26-30>cm
ISSN 04410793
NCID AN00231077
AA12077992
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00022336
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想