リウマチ  14(3)

日本リウマチ協会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 6 (2) 1965.12~23 (5) 1983.10;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり 1巻1号から7巻2号までの出版者: 日本リウマチ協会;1巻1号(昭和33年4月) - 43巻4号(2003 Oct.);以後廃刊;43巻の総目次: 「News letterリウマチ」no.1収載

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • リウマチ患者のために Lain,Vainio両教授の対談 / 児玉//俊夫 / 173~175<7653626>
  • 強皮症における末梢神経伝導速度に関する研究 / 柏崎//禎夫 / 176~182<7653627>
  • 仮性痛風症とその関節液内結晶の解析 / 赤岡//家雄 / 183~191<7653628>
  • リウマチ性心炎の実験的研究 溶連菌12型菌を用いて / 鉾之原//昌 / 192~219<7653629>
  • Ictar stuporでdiphenylhydantoin服用中併発せる強皮症 付 討議 / 柏崎//禎夫 / 220~228<7653630>
  • Multicentric reticulohistiocytosisの1例 付 討議 / 工藤//洋 / 229~235<7653631>
  • 慢性肉芽腫性口内炎を主徴とし,引続き多彩な内臓病変が認められ診断困難であった1症例 症例の報告とその病態発生に関する考察 / 西戸//孝昭 / 236~248<7653632>
  • 慢性関節リウマチの一剖検例 尿毒症にて死亡した症例 付 討議・解答 / 須田//一 / 249~259<7653633>
  • 長期にステロイド剤投与を受けたRA患者の一剖検例付討議・解答 / 渡辺//敏彦 / 260~269<7653634>
  • HEPES緩衝培養液とagarose平板を応用したmacrophage migration inhibitory factorの測定法Clausen法の改良法 / 中川//潤 / 270~273<7653635>
  • 慢性関節リウマチ治療におけるaurothiomalateの副作用 特に腎組織病変を中心として / 益田//峯男 / 274~278<7653636>
  • 慢性関節リウマチに関する19583 RP(ケトプロフェン)の薬効検定(日本リウマチ協会薬効検定委員会報告) / 塩川//優一 / 279~286<7653637>
  • ILAR臨時総会,SEAPA-L役員会およびPAN-AMリーグ学会報告 / 諸富//武文 / 287~288<7653638>
  • リウマチ外科の変遷と最近の動向 / 広畑//和志 / 289~302<7653639>
  • リウマチの血清学的検査はどの位信頼できるか / 鈴田//達男 / 303~309<7653640>
  • 書評 / 本間光夫 / p310~310
  • 評議員会議事録 / / p311~312
  • お知らせ / / p313~314
  • 本誌投稿・発行規定 /

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 リウマチ
著作者等 日本リウマチ協会
日本リウマチ学会
書名ヨミ リウマチ
書名別名 The Ryumachi

Official journal of Japan College of Rheumatology

Riumachi
巻冊次 14(3)
出版元 日本リウマチ学会
刊行年月 1974-10
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03009157
NCID AN0024807X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024117
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想