神経研究の進歩  11(2)(42)

医学書院 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (1) 1956.01~1 (3) 1956.07 ; 6 (4) 1962.11~50 (6) (通号: 271) 2006.12;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: Recent advance in research of nervous system (1巻1号-8巻2号);刊行頻度の変更あり;1巻1号-[ ] ; [ ]-50巻6号 = no. 271 (2006年12月);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 日本脳炎の展望 過去,現在,未来 / 川喜田 愛郎 / 207~211<8255331>
  • 節足動物媒介ウイルス(アルボウイルス)中の日本脳炎 / 大谷 明 / 212~214<8255332>
  • 日本脳炎の媒介蚊 その生態と生理 / 高橋 三雄 / 215~222<8255333>
  • 動物の日本脳炎 / 中村 〓治 / 223~233<8255352>
  • 日本脳炎ウイルスの電子顕微鏡学的研究 / 東 昇 / 235~242<8255335>
  • 日本脳炎ウイルスについて 抗原構造の変異 / 大谷 明 / 243~245<8255336>
  • 日本脳炎の神経病理学における電子顕微鏡の寄与 / 小柳 新策 / 246~257<8255337>
  • 日本脳炎研究の疫学における発展 / 三浦 悌二 / 259~272<8255338>
  • 日本脳炎の臨床 最近10年間の自験例を中心として / 平石 克平 / 273~292<8255339>
  • 日本脳炎の脳波 / 竹下 研三 / 293~299<8255340>
  • 日本脳炎のウイルス・血清学的診断 / 石井 慶蔵 / 300~311<8255341>
  • 小児期にみられる急性脳症の鑑別 / 小宮 和彦 / 312~322<8255342>
  • 日本脳炎の治療 / 福山 幸夫 / 323~328<8255343>
  • 後遺症 精神神経学的立場から / 後藤 彰夫 / 329~351<8255344>
  • 急性期から慢性期にかけての日本脳炎の神経病理学 その実態,病因,臨床像との関連,将来の研究方向 / 白木 博次 / 352~398<8255345>
  • 日本脳炎ワクチン 作り方,効果,現状の批判と期待 / 川喜田 愛郎 / 399~409<8255346>
  • 日本脳炎ワクチン接種後にみられる身体諸反応 とくに神経系合併症について / 冲中 重雄 / 410~424<8255347>
  • フオン・エコノモと嗜眠性脳炎 / 豊倉 康夫 / 425~425<8255349>
  • 古典のページ 〔1〕嗜眠性脳炎 / コンスタンチン・フォン・エコノモ
  • 萬年甫・他 / p426~431
  • 古典のページ 〔2〕嗜眠性脳炎についての新知見 / コンスタンチン・フォン・エコノモ
  • 萬年甫・他 / p432~438<8255351>
  • 総目次 / / p439~443
  • 投稿規定 / / p444~444
  • あとがき / 豊倉 / p444~444

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 神経研究の進歩
著作者等 医学書院
書名ヨミ シンケイ ケンキュウ ノ シンポ
書名別名 Recent advance in research of nervous system

Advances in neurological sciences

Shinkei kenkyu no shinpo
巻冊次 11(2)(42)
出版元 医学書院
刊行年月 1967-08
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00018724
NCID AN00120021
AA12504200
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00012054
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想