神経研究の進歩  14(1)(53)

医学書院 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (1) 1956.01~1 (3) 1956.07 ; 6 (4) 1962.11~50 (6) (通号: 271) 2006.12;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: Recent advance in research of nervous system (1巻1号-8巻2号);刊行頻度の変更あり;1巻1号-[ ] ; [ ]-50巻6号 = no. 271 (2006年12月);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 筋紡錘支配の2~3の原理(特別講演) / Ragnar@@Granit / 3~6<8255649>
  • 司会者の言葉 / 時実//利彦 / 7~7<8255613>
  • われわれの心臓移植の臨床 / 和田//寿郎 / 8~19<8255614>
  • 心臓移植における死の判定 / 笹本//浩 / 20~22<8255615>
  • 臨床面よりみた脳波の消失 / 竹内//一夫 / 23~32<8255616>
  • 脳波消失の臨床的判定 / 和田//豊治 / 33~37<8255617>
  • 脳損傷と脳死についての基礎と臨床 / 半田//肇 / 38~49<8255618>
  • 脳・神経外科の立場から見た「脳死」についての所感 / 都留//美都雄 / 50~52<8255619>
  • 脳髄死判定法についての1試案 脳神経外科死亡例に関する臨床的検討から / 宮崎//雄二 / 53~57<8255620>
  • 麻酔の立場からみた脳波と脳死 / 稲本//晃 / 58~60<8255621>
  • 脳障害に伴う肺機能の変化 / 恩地//裕 / 61~63<8255622>
  • 窒息ならびに脳血行遮断時の大脳半球機能と脳幹,とくに延髄機能との関連 / 島村//宗夫 / 64~74<8255623>
  • 脳幹,とくに延髄における自律機能 血管運動中枢の神経機構 / 福原//武彦 / 75~81<8255624>
  • 脳死の組織像について / 小宅//洋 / 82~87<8255625>
  • 司会者の言葉 / 藤森//聞一 / 89~89<8255627>
  • 前庭神経核の細胞構築 / 萬年//甫 / 90~95<8255628>
  • 前庭神経核の線維連絡 / 伴//忠康 / 96~101<8255629>
  • 前庭=外眼筋反射弓のニューロン機構 / R.G.@@Baker / 102~106<8255630>
  • 機械的刺激を適刺激とする前庭・半規管系反射の特徴 / 鈴木//淳一 / 107~114<8255631>
  • 前庭神経核における前庭神経性インパルスと小脳性インパルスの相互作用 / 伊藤//正男 / 115~116<8255632>
  • 前庭神経系と脊髄の関連について / 加藤//正道 / 117~121<8255633>
  • 前庭脊髄路におけるα-γ linkage / 本郷//利憲 / 122~128<8255634>
  • 前庭神経電気刺激の交感神経活動に及ぼす影響 / 内野//善生 / 129~133<8255635>
  • 視器,迷路の反射発現と頸部深部受容器 / 桧//学 / 134~139<8255636>
  • 映画「ニスタグムスの生理」シノプシス / 福田//精 / 140~143<8255637>
  • 眼球運動と精神状態 「前庭神経・前庭神経核の組織と機能」のシンポジウムに関連して / 島薗//安雄 / 144~147<8255638>
  • 司会者の言葉 / 諏訪//望 / 148~148<8255640>
  • 情動行動と脳障害 視床下部を中心として / 中尾//弘之 / 149~156<8255641>
  • 定位手術を通じてみた視床下部と情動 / 佐野//圭司 / 157~163<8255642>
  • 情動と大脳辺縁系 / 横田//敏勝 / 164~168<8255643>
  • 扁桃核手術の長期予後について / 楢林//博太郎 / 169~177<8255644>
  • 各種ストレスと視床下部のACTH放出因子(CRF) / 広重//力 / 178~184<8255645>
  • 副腎皮質ホルモンの面からみた辺縁-視床下部系のストレス緩衝作用 / 川上//正澄 / 185~194<8255646>
  • 臨床の場における情動の精神内分泌学的研究 血中副腎皮質ホルモンの日内リズムおよびストレス反応性を中心として / 山下//格 / 195~202<8255647>
  • 体内時計と内分泌リズム / 本多//裕 / 203~207<8255648>
  • 亜急性壊死性脊髄炎(Foix-Alajouanine病)1926年-1-(古典のページ) / 平山//恵造 / 208~210<8255658>
  • 亜急性壊死性脊髄炎 進行性に経過する血管肥厚性中心脊髄炎 緩徐上行性筋萎縮性対麻痺,初め〓性,後に弛緩性で,蛋白細胞解離を伴う(古典のページ) / Foix//Ch. / 211~225<8255659>

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 神経研究の進歩
著作者等 医学書院
書名ヨミ シンケイ ケンキュウ ノ シンポ
書名別名 Recent advance in research of nervous system

Advances in neurological sciences
巻冊次 14(1)(53)
出版元 医学書院
刊行年月 1970-04
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00018724
NCID AN00120021
AA12504200
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00012054
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想