産婦人科の世界  39(8)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 2 (1) 1950.01~35 (11) 1983.11 ; 57 (2) 2005.02~59 (12) 2007.12;本タイトル等は最新号による;1巻1号~59巻12号(2007年12月);以後休刊;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 子宮内膜の構造・機能を考える / / p1~39
  • はじめに / 相馬廣明 / p1~1
  • 子宮内膜組織に存在する諸物質 / 松井義明 / p3~6
  • ヒト妊娠初期脱落膜の形態と内分泌的意義 / 田中一朗 / p7~15
  • 子宮内膜上皮の周期性変化に関する機能形態学的研究 / 勝部泰裕 / p17~22
  • Endometrial Mitotic Granular Leucocyteについて / 川浪大郎 / p23~28
  • 子宮内膜のtight junctionとgap junction / 岩永成晃 / p29~34
  • 子宮内膜の分泌性蛋白 / ゲディス・グルヂンスカス / p35~39
  • 測定法 微量エストロゲン測定試薬MS-8601を用いた尿中エストロゲン排泄量によるhMG-hCG療法のモニタリング / 水沼英樹 / p41~46
  • 測定法 HMG-HCG療法時の卵胞発育モニターに対する高感度尿中エストロゲン測定法(ハイエストロテックスライド®)の応用 / 吉本泰弘 / p47~52
  • 研究/症例 エンドメトリオージスに対するBuserelinの治療効果 / 好川元庸 / p53~57
  • 研究/症例 子宮内膜症に対する酢酸ブセレリンの臨床効果および子宮内膜組織像に関する検討 / 高見澤裕吉 / p59~68
  • 研究/症例 シスプラチン-卵巣悪性腫瘍に対する有効性 / 関谷宗英 / p69~75
  • 研究/症例 Ceftazidine(CAZ)の産婦人科領域感染症への投与効果 / 千村哲朗 / p77~80
  • 研究/症例 子宮頸癌術後における抗生剤の感染予防効果に関する検討 / 那須健治 / p83~90
  • 新しいくすり 高感度尿中エストロゲン測定試薬ハイモニターE(TZR-311)の臨床的有用性に関する検討 / 安藤一道 / p93~102
  • 文献紹介 Homologous radioimmunoassayを用いた妊婦血清中Relaxinの測定 / 石井明治 / p103~103

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 産婦人科の世界
著作者等 医学の世界社
書名ヨミ サンフジンカ ノ セカイ
書名別名 The world of obstetrics & gynecology
巻冊次 39(8)
出版元 医学の世界社
刊行年月 1987-08
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869873
NCID AN00099504
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00009608
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想