産科と婦人科  60(12)(710)

診断と治療社

国立国会図書館雑誌記事索引 17 (1) 1950.01~;本タイトル等は最新号による;CD-ROMとも;[1巻1号]~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 周産期とAIDS / / p1721~1793
  • HIVウイルス学 HIVの分類/HIV感染の経過/HIVの構造と遺伝子/HIVの増殖様式/HIV感染と免疫 / 大城由香子・他 / p1721~1727
  • HIV感染の現状 わが国のAIDS流行状況/HIV感染者(患者を含む)の年次推移/諸外国のまん延と日本の比較/世界の患者・感染者の発生状況 / 南谷幹夫 / p1729~1736
  • HIV感染-地域における現状と問題点---STD検査成績/考察 / 清水源之 / p1739~1743
  • HIV感染と妊娠 妊娠現象とHIV感染/HIV感染の妊娠へのphysiologicalな影響/妊娠のHIV感染症への影響 / 堀口貞夫 / p1744~1750
  • HIV母子感染 諸外国における母子感染の現況/母子感染の機序/母子感染率を高める要因/HIV母子感染の診断/HIV感染妊婦の免疫能/母子感染防止対策 / 津端捷夫・他 / p1753~1758
  • HIV感染者の妊娠・分娩管理の実際--当院のプロジェクトチーム用資料を中心に--HIV感染妊婦の管理の要点/入院時の管理の基本/入院から分娩まで/手術室のセットアップ/手術室入室より分娩まで/児の娩出より,手術終了まで/術後から退院まで/考察 / 宮澤豊 / p1761~1774
  • 妊婦のHIV検査とインフォームド・コンセント わが国における妊婦のHIV感染の危険性/HIV感染が妊婦にもたらす影響/HIV検査のインフォームド・コンセント / 久保隆彦 / p1777~1781
  • AIDSの予防とその対策 HIV-1感染予防/医療従事者/エイズの発症予防 / 松田重三 / p1783~1793
  • 画像診断と手術所見(6)卵巣皮様囊胞 / 栗栖康寿・他 / p1717~1719
  • 用語解説(13)「思春期」の定義 / 岩崎寛和 / p1795~1795
  • 産婦人科フローチャート(2)習慣流産 / 西崎孝道 / p1796~1797
  • 生涯教育シリーズ 実験周産期学の進歩--「人工胎盤」の開発 / 海野信也・他 / p1799~1806
  • Essay(6)産婦人科医としての50年の回顧 医学部学生時代の思い出(その6) / 品川信良 / p1809~1810
  • 臨床研究 胎児腎動脈血流計測の臨床的検討 / 関塚直人・他 / p1812~1816
  • 臨床研究 婦人科悪性腫瘍に合併した尿路感染症におけるウロバブルテストの有用性 / 久保田武美・他 / p1817~1824
  • 症例 双胎両児に発生したパルボウイルス感染による胎児水腫の1症例 / 菅谷進・他 / p1825~1829
  • 症例 在胎31週にて先天性クロール下痢症と胎内診断した1例 / 篠崎純一・他 / p1830~1834
  • 症例 3回反復子宮外妊娠の3症例 / 宮村研二・他 / p1837~1839
  • 症例 薬剤誘発ループスにより肺炎を併発したてんかん合併妊娠の1症例 / 黒牧謙一・他 / p1841~1848
  • 執筆者紹介 / / p1849~1850
  • お知らせ / / p1736~1736,1743~1743,1829~1829,1848~1848
  • バックナンバー / / p1781~1781
  • 次号予告 / / p1806~1806
  • 社告 / / p1863~1863
  • 投稿規定 / / p1872~1872
  • 1993年(第60巻)総目次 / / p1852~1863

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 産科と婦人科
著作者等 診断と治療社
書名ヨミ サンカ ト フジンカ
巻冊次 60(12)(710)
出版元 診断と治療社
刊行年月 1993-12
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869792
NCID AN00098035
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00009425
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想