産科と婦人科  63(9)(746)

診断と治療社

国立国会図書館雑誌記事索引 17 (1) 1950.01~;本タイトル等は最新号による;CD-ROMとも;[1巻1号]~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集/第35回子宮癌研究会 / / ~1266
  • 子宮体癌
  • 大動脈リンパ節郭清の意義--適応・術式・予後 / / p1177~1182,1185~1188,1191~1195,1197~1202
  • 子宮体癌の傍大動脈リンパ節の手術的検索の適応に関する検討 / 嘉村敏治 / p1177~1182
  • 大動脈リンパ節郭清の効果 / 永野忠義・他 / p1185~1188
  • 子宮体癌における傍大動脈リンパ節郭清の意義 / 吉川裕之・他 / p1191~1195
  • 多施設アンケート調査の解析 / 今野良・他 / p1197~1202
  • FIGOの子宮頸癌進行期分類,改定について / 塚本直樹 / p1205~1209
  • HPVの発癌機構と子宮頸癌への関与 / 神田忠仁 / p1211~1220
  • 子宮頸癌治療と機能温存手術・その評価 / / p1223~1228,1230~1234,1236~1244,1245~1250,1253~1266
  • 性機能温存 子宮頸癌の卵巣転移と広汎性子宮全摘術時の卵巣温存について / 櫻木範明・他 / p1223~1228
  • 性機能温存 広汎性子宮全摘後の腟断端抜糸が腟長に与える効果について / 陳瑞東 / p1230~1234
  • 子宮温存 レーザー治療 / 脇田邦夫・他 / p1236~1244
  • 子宮温存 当科で治療された妊娠に合併した子宮頸癌57例の検討 / 谷口一郎・他 / p1245~1250
  • 排尿機能温存 広汎性子宮全摘術時の骨盤自律神経温存法と術後排尿機能について / 吉岡忠亮・他 / p1253~1259
  • 排尿機能温存 広汎性子宮全摘術の自律神経温存法とその意義 / 水谷勝美・他 / p1260~1266
  • 産婦人科手術シリーズ(17)単純子宮全摘術V-腹式(3) / 藤井信吾・他 / p1169~1174
  • 産婦人科医のための乳癌検診の進め方(6)症例検討(2) / 土橋一慶・他 / p1268~1273
  • 産婦人科フローチャート(35)癌性疼痛管理 / 野原当 / p1274~1275
  • 生殖免疫の話(9)B-1細胞の機能とエストロゲン / 早川智・他 / p1276~1277
  • Essay(39)産婦人科医としての50年の回顧 Qの巻-復興後の思い出と医療の流れ(その20) / 品川信良 / p1278~1280
  • 症例 卵巣Sertoli-Leydig細胞腫の細胞像と微細構造 / 福居兼実・他 / p1281~1288
  • 症例 肺出血を伴った胎児肺血管腫による非免疫性胎児水腫の1例 / 山本暖・他 / p1289~1292
  • 症例 Neoadjuvant chemotherapyとしての持続動注療法が有効であった子宮体癌の1例 / 成松昭夫・他 / p1293~1296
  • 薬剤の臨床 抗悪性腫瘍剤誘発の悪心・嘔吐に対するYM060経口剤の臨床第III相試験 / 武谷雄二・他 / p1297~1308
  • 薬剤の臨床 クラミジアトラコマチス抗体検出試薬「ラピザイムクラミジア」の有用性についての検討 / 松井和夫・他 / p1311~1315
  • 執筆者紹介 / / p1316~1317
  • お知らせ / / p1195~1195,1209~1209,1220~1220,1234~1234,1244~1244,1250~1250,1273~1273,1288~1288
  • 次号予告 / / p1228~1228
  • バックナンバー / / p1259~1259
  • 投稿規定 / / p1328~1328

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 産科と婦人科
著作者等 診断と治療社
書名ヨミ サンカ ト フジンカ
巻冊次 63(9)(746)
出版元 診断と治療社
刊行年月 1996-09
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869792
NCID AN00098035
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00009425
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想