月刊薬事 = The pharmaceuticals monthly  42(4)

薬事研究会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 38 (7) 1996.06~;本タイトル等は最新号による;[1巻1号]-;41巻13号までの出版者: 薬業時報社

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 医薬品適正使用のための臨床薬物動態 医療現場での適正な処方設計支援,処方鑑査と服薬指導をめざして / 澤田康文
  • 澤田康文
  • 樋口駿
  • 美根和典
  • 片岡泰文
  • 伊賀立二 / p15~23,25~97,99~279,281~323,325~331,333~355,357~401,403~411,413~457,459~469,471~493,495~513,515~551,553~591,593~623,625~669,671~689,691~700,703~707,709~709,711~771
  • 序説 / 澤田//康文 / 655~662<7091954>
  • 第I章 ヒトにおける薬物動態とその変動要因の基礎知識 / / p23~23,25~97,99~279,281~323,325~331,333~355,357~401,403~410
  • 1. 薬物動態の基本的な表現法 / / p25~90
  • 「濃度」と「時間」の概念はいかに重要か? / 澤田康文 / p25~40
  • クリアランスの生理解剖学的意味とは?どう算出する?どう活用する? / 佐藤均
  • 伊賀立二 / p41~53
  • 分布容積の生理解剖学的意味とは?どう算出する?どう活用する? / 緒方宏泰 / p54~62
  • 吸収速度定数,消失速度定数,半減期,初回通過効果,バイオアベイラビリティ,モーメントとは?どう算出する?どう活用する? / 大谷壽一
  • 澤田康文 / p63~72
  • 生体機能蛋白と薬物との相互作用パラメータとは?どう算出する?どう活用する? / 山本康次郎,他 / p73~83
  • ポピュレーションファーマコキネティクスとポピュレーションファーマコダイナミクスとは? / 湯川榮二 / p84~90
  • 2. 薬物動態を決定する機能蛋白質 / / p91~97,99~154
  • 血清蛋白質 / 丸山徹
  • 小田切優樹 / p91~97
  • 消化管吸収と分泌 / 成橋和正
  • 玉井郁巳 / p99~105
  • チトクロームP450 / 仲佐啓詳
  • 北田光一 / p106~112
  • 尿細管分泌と再吸収 / 齋藤秀之
  • 乾賢一 / p113~120
  • 血液脳関門と血液脳脊髄液関門 / 高長ひとみ,他 / p121~136
  • 肝取り込みと胆汁中排泄 / 鈴木洋史 / p137~142
  • 血液胎盤関門 / 小薮紀子,他 / p143~154
  • 3. 生体側の要因で変動する薬物動態 / / p155~279,281~286
  • 高齢者における薬物動態(1)中枢作用薬 / 太田共夫
  • 青葉安里 / p155~161
  • 高齢者における薬物動態(2)末梢作用薬 / 安原一
  • 倉田知光 / p162~168
  • 肝疾患患者における薬物動態 / 越前宏俊 / p169~178
  • 腎疾患患者における薬物動態 / 篠崎公一 / p179~183
  • 心疾患患者における薬物動態 / 野村憲和
  • 多附利恵 / p184~188
  • 小児における薬物動態 / 吉田一郎 / p189~196
  • 肥満における薬物動態 / 内田英二 / p197~203
  • 妊娠時における薬物動態 / 大谷壽一
  • 澤田康文 / p204~211
  • 薬物代謝酵素の遺伝的多型と薬物動態(1)CYP2C / 家入一郎 / p212~218
  • 薬物代謝酵素の遺伝的多型と薬物動態(2)CYP2D / 有吉範高 / p219~226
  • 薬物代謝酵素の遺伝的多型と薬物動態(3)その他のCYP / 立石智則 / p227~231
  • 薬物代謝酵素の遺伝的多型と薬物動態(4)アセチル化酵素 / 喜多知子,他 / p232~240
  • 薬物代謝酵素の遺伝的多型と薬物動態(5)ジヒドロピリミジンデヒドロゲナーゼ / 今野裕子,他 / p241~246
  • 薬物代謝酵素の遺伝的多型と薬物動態(6)チオプリンS-メチルトランスフェラーゼ
  • TPMT / 大谷壽一
  • 澤田康文 / p247~252
  • P-糖蛋白質の発現量,機能的差異,多型と薬物動態 / 大谷壽一,他 / p253~257
  • 薬物投与時期と薬物動態の日内変動(1)抗腫瘍薬,サイトカイン / 大戸茂弘 / p258~270
  • 薬物投与時期と薬物動態の日内変動(2)抗生物質 / 吉山友二 / p271~279
  • 薬物投与時期と薬物動態の日内変動(3)降圧薬,免疫抑制薬 / 藤村昭夫 / p281~286
  • 4. 薬物・薬物相互作用と薬物動態 / / p287~318
  • 消化管吸収過程における薬物間相互作用 / 辻彰 / p287~293
  • 小腸・肝臓の薬物代謝過程(阻害)における相互作用 / 小林カオル / p294~298
  • 小腸・肝臓の薬物代謝過程(誘導)における相互作用 / 大森栄 / p299~306
  • 腎排泄過程における相互作用 / 矢野育子
  • 乾賢一 / p307~312
  • ダイナミック過程における相互作用 / 澤田康文
  • 大谷壽一 / p313~318
  • 5. 薬物・食物(嗜好品を含む)相互作用と薬物動態 / / p319~323,325~331,333~345
  • 薬物動態に及ぼす食事の影響 / 山田安彦,他 / p319~323
  • 薬物動態に及ぼすグレープフルーツジュースの影響 / 澤田康文 / p325~331
  • 薬物動態に及ぼす喫煙の影響 / 浦江明憲
  • 岡田三津子 / p333~338
  • 薬物動態に及ぼすアルコールの影響 / 根岸悦子,他 / p339~345
  • 6. 臨床薬物動態試験の実際と将来への展望 / / p346~355,357~401,403~410
  • 臨床第I相試験における臨床薬物動態試験 / 堀江透 / p346~355
  • 臨床第II相,第III相試験における臨床薬物動態試験 / 笹原邦宏 / p357~374
  • PMSにおける臨床薬物動態試験 / 田中利明 / p375~380
  • 薬物相互作用に関する臨床試験 / 大橋京一 / p381~384
  • 臨床薬物動態試験データの審査 / 伊賀立二 / p385~392
  • ポピュレーションファーマコキネティクスとファーマコダイナミクスの実際例 / 森田一美
  • 谷川原祐介 / p393~401
  • 薬物相互作用発見のためのポピュレーションファーマコキネティクス / 樋口駿 / p403~410
  • 第II章ヒトにおける薬物動態と作用(治療効果と有害作用)の関係 / / p411~411,413~457,459~469,471~493,495~513,515~551,553~591,593~623,625~668
  • 1. 薬物動態とダイナミクスの関係 / / p413~448
  • 循環器系作用 / 安原眞人 / p413~417
  • 中枢神経作用(1)ベンゾジアゼピン系薬剤を中心として / 伊藤清美 / p418~423
  • 中枢神経作用(2)抗うつ薬を中心として / 美根和典,他 / p424~432
  • 抗うつ薬の多様な副作用 / 澤田康文 / p433~448
  • 2. ダイナミクスの指標としての薬物・レセプター,チャネルあるいは酵素間相互作用 / / p449~457,459~469,471~480
  • レセプター結合占有率 / 山田安彦,他 / p449~457
  • イオンチャネルに対する遮断作用 / 山本康次郎,他 / p459~469
  • 酵素阻害モデル / 片島正貴,他 / p471~480
  • 3. ダイナミクスに関係した機能蛋白質の遺伝子多型と薬物作用 / / p481~493,495~513,515~551
  • 遺伝子多型の臨床医学への応用 / 三木哲郎 / p481~484
  • ドパミンD₂レセプターと精神分裂病 / 有波忠雄 / p485~488
  • HNF異常と糖尿病 / 山縣和也
  • 松澤佑次 / p489~493
  • SREBP異常と糖・脂質代謝異常 / 島野仁 / p495~500
  • アンドロゲンレセプタ一共役因子異常症 新しい疾患概念 / 高柳涼一,他 / p501~506
  • ビタミンDレセプター(VDR)の高次機能と疾患との関連 / 吉澤達也,他 / p507~513
  • レニン-アンジオテンシン系遺伝子と本態性高血圧症 / 並河徹
  • 益田順一 / p515~520
  • 一酸化窒素合成酵素の遺伝子多型と循環器疾患 / 吉村道博 / p521~525
  • ABCトランスポーターと体質性黄疸,肝内胆汁うっ帯 / 和田守正,他 / p526~534
  • OCTNファミリーと全身性カルニチン欠乏症 / 大橋力也
  • 辻彰 / p535~543
  • ファーマコゲノミクスと臨床応用・医薬品適正使用 / 辻本豪三 / p544~551
  • 4.薬物の胎児移行動態と催奇形性 / 林//昌洋 / 1193~1198<7091991>
  • 5.薬物の乳汁中移行動態 / 菅原//和信
  • 豊口//禎子 / 1199~1024<7091995>
  • 6.薬物の腎移行動態と腎毒性 / 高野//幹久 / 1205~1211<7092011>
  • 7.薬物の肝移行動態と肝毒性 / 千堂//年昭
  • 片岡//泰文
  • 牧野//和隆 / 1212~1220<7092015>
  • 8. PET,SPECTを用いいたレセプターと酵素の非侵襲的解析 / / p581~591,593~606
  • PET,SPECTを用いた脳内レセプター・酵素と薬物の相互作用研究 / 井上修
  • 細井理恵 / p581~586
  • PETによる眠気と認知機能障害発生メカニズム研究:抗ヒスタミン薬を例に / 谷内一彦,他 / p587~591
  • PET,SPECTを用いた薬物脳内動態と有害作用(薬剤性パーキンソニズムなど)の解析 / 澤康康文
  • 大谷壽一 / p593~606
  • 9. TDMのトピックス / / p607~623,625~668
  • 抗てんかん薬 / 大塚頌子 / p607~610
  • 喘息治療薬 / 矢野育子
  • 乾賢一 / p611~616
  • 強心配糖体 / 末松文博 / p617~623
  • ハロペリドール / 鈴木昭仁 / p625~628
  • リチウム製剤 / 牧野和隆,他 / p629~634
  • 抗不整脈薬 / 大谷壽一
  • 澤田康文 / p635~640
  • アミノ配糖体 / 木村利美 / p641~645
  • バンコマイシン / 末安正典,他 / p646~650
  • 抗悪性腫瘍剤:フルオロウラシルを中心に / 前田徹,他 / p651~656
  • メトトレキサート / 及川伸治,他 / p657~663
  • 免疫抑制剤:免疫抑制剤におけるTarget Concentration Strategy / 高柳和伸,他 / p664~668
  • 第III章 製剤設計とヒトにおける薬物動態 / / p669~669,671~689,691~700,703~707
  • 1. DDSを駆使した医薬品の薬物動態 / / p671~689,691~694
  • プロドラッグ / 橋田充 / p671~678
  • 徐放性経口製剤 / 田畑哲朗
  • 岡田弘晃 / p679~684
  • マイクロカプセル / 猪狩康孝 / p685~689
  • 経皮吸収型治療システム:TTS / 肥後成人 / p691~694
  • 2. 局所適用剤の全身移行性動態と有害作用 / / p695~700,703~707
  • 点眼剤による全身作用 / 山田安彦,他 / p695~700
  • 皮膚適用剤,坐剤による全身作用 / 上塚路子,他 / p703~707
  • 第4章 繁用医薬品のヒトにおける体内動態データ / 鎌田//志乃ぶ
  • 根岸//悦子
  • 山田//安彦 / 1349~1411<7092041>
  • 睡眠薬 / / p712~713
  • トリアゾラム / / p712~712
  • ブロチゾラム / / p713~713
  • 抗不安薬 / / p714~714
  • クエン酸タンドスピロン / / p714~714
  • 抗てんかん薬 / / p715~717
  • フェニトイン / / p715~715
  • バルプロ酸ナトリウム / / p716~716
  • カルバマゼピン / / p717~717
  • 鎮痛薬・解熱薬 / / p718~719
  • ジクロフェナクナトリウム / / p718~718
  • ロキソプロフェンナトリウム / / p719~719
  • 抗精神病薬 / / p720~721
  • 炭酸リチウム / / p720~720
  • ハロペリドール / / p721~721
  • 抗うつ薬 / / p722~722
  • マレイン酸フルボキサミン / / p722~722
  • 食欲抑制薬 / / p723~723
  • マジンドール / / p723~723
  • 強心薬 / / p724~724
  • ジゴキシン / / p724~724
  • 抗不整脈薬 / / p725~728
  • アテノロール / / p725~725
  • 酒石酸メトプロロール(徐放) / / p726~726
  • ジソピラミド / / p727~727
  • 塩酸メキシレチン / / p728~728
  • 狭心症治療薬・高血圧治療薬 / / p729~737
  • 塩酸テモカプリル / / p729~729
  • マレイン酸エナラプリル / / p730~730
  • カンデサルタンシレキセチル / / p731~731
  • ロサルタンカリウム / / p732~732
  • ベシル酸アムロジピン / / p733~733
  • ニフェジピン(徐放) / / p734~734
  • 塩酸ベニジピン / / p735~735
  • 塩酸プラゾシン / / p736~736
  • 一硝酸イソソルビド / / p737~737
  • 高脂血症治療薬 / / p738~741
  • ベザフィブラート / / p738~738
  • シンバスタチン / / p739~739
  • プラバスタチンナトリウム / / p740~740
  • フルバスタチンナトリウム / / p741~741
  • 気管支拡張薬・気管支喘息治療薬 / / p742~743
  • テオフィリン(徐放)(1) / / p742~742
  • テオフィリン(徐放)(2) / / p743~743
  • 消化器用薬 / / p744~750
  • シメチジン / / p744~744
  • ファモチジン / / p745~745
  • オメプラゾール / / p746~746
  • ラベプラゾールナトリウム / / p747~747
  • ランソプラゾール / / p748~748
  • ミソプロストール / / p749~749
  • シサプリド / / p750~750
  • 排尿障害改善薬 / / p751~752
  • 塩酸タムスロシン(徐放) / / p751~751
  • ナフトピジル / / p752~752
  • 止血薬 / / p753~753
  • メナテトレノン / / p753~753
  • 抗血栓薬 / / p754~754
  • シロスタゾール / / p754~754
  • 糖尿病治療薬 / / p755~756
  • トログリタゾン / / p755~755
  • ナテグリニド / / p756~756
  • 骨・カルシウム代謝薬 / / p757~757
  • エチドロン酸ニナトリウム / / p757~757
  • 免疫抑制薬 / / p758~759
  • シクロスポリン / / p758~758
  • タクロリムス水和物 / / p759~759
  • 抗アレルギー・抗ヒスタミン薬 / / p760~762
  • エバスチン / / p760~760
  • 塩酸エピナスチン / / p761~761
  • テルフェナジン / / p762~762
  • 抗生物質 / / p763~766
  • 塩酸セフカペンピボキシル / / p763~763
  • セフジニル / / p764~764
  • クラリスロマイシン / / p765~765
  • リファンピシン / / p766~766
  • 抗菌薬 / / p767~768
  • スパルフロキサシン / / p767~767
  • レボフロキサシン / / p768~768
  • 抗真菌薬 / / p769~771
  • イトラコナゾール / / p769~769
  • フルコナゾール / / p770~770
  • 塩酸テルビナフィン / / p771~771
  • 付録 肝障害時の薬物動態パラメータ一覧表 / 小瀧//一
  • 福田//直子 / 1415~1422<7092053>
  • 付録 腎障害時の薬物動態パラメータ一覧表 / 小瀧//一
  • 福田//直子 / 1423~1436<7092056>
  • 付録 薬物間相互作用一覧表:2000年版 / 大谷//壽一
  • 澤田//康文 / 1437~1454<7092057>
  • 薬物・食物(嗜好品)相互作用一覧表--2000年版 / 澤田康文
  • 大谷壽一 / p815~816
  • 付録 薬物の乳汁中移行一覧表(ヒト母乳への移行が報告されている薬物のみを記載) / 菅原//和信
  • 豊口//禎子 / 1457~1466<7092063>
  • 付録 妊娠時の使用薬剤チェック一覧表 / 奥村//玲子
  • 林//昌洋 / 1467~1473<7092066>

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 月刊薬事 = The pharmaceuticals monthly
著作者等 じほう
薬事研究会
薬業時報社
書名ヨミ ゲッカン ヤクジ = The pharmaceuticals monthly
書名別名 The pharmaceuticals monthly

Gekkan yakuji
巻冊次 42(4)
出版元 じほう
刊行年月 2000-03
ページ数
大きさ 26-28cm
ISSN 00165980
NCID AN00074241
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00007042
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想