Brain and nerve  52(4)

国立国会図書館雑誌記事索引 32(1):1980.1-35(11):1983.11 ; 53(1):2001.1-;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: 脳と神経 (32巻1号-58巻12号);タイトル関連情報変遷: 神経研究の進歩 (59巻1号-67巻12号);32巻1号-;総目次あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 片頭痛の発生機序と新しい治療 / 鈴木則宏 / p287~295
  • 脳深部刺激療法--埋め込み電極によるヒト中枢神経系の機能制御 / 片山容一 / p297~305
  • 内頸動脈閉塞症慢性期の¹H-MRSによる脳代謝分析 / 高山秀一・他 / p307~312
  • 症例報告 Three-dimensional CT angiographyで診断し得たWeber症候群を呈したPersistent primitive trigeminal arteryの1例 / 塩屋斉・他 / p315~319
  • 症例報告 軽症頭部外傷後に大槽内出血を示した1例 / 木下良正・他 / p320~323
  • 症例報告 頭部MRIにて初期像を捉えたと思われた多形膠芽腫の1例 / 小野賢二郎・他 / p325~329
  • 症例報告 多彩な神経症状を呈したアルコール性神経障害の1例 / 寺澤英夫・他 / p331~334
  • 症例報告 無症候性左前頭円蓋部髄膜腫の1例--WAIS-Rによる術前術後評価と改善について / 美津島穣・他 / p335~340
  • 症例報告 慢性期にステントを用いた経皮的脳血管形成術を行い速やかに症状が改善した頭蓋内椎骨動脈狭窄の1例 / 桑原正行・他 / p341~347
  • 脳・脊髄のMRI画像アトラス MRIで脊髄後根に増強効果を認めたGuillain-Barré症候群 / 鹿間幸弘・他 / p348~349
  • 脳・脊髄のMRI画像アトラス FLAIR法MRIが診断に有効であったコロイド囊胞 / 堂坂朗弘・他 / p350~351
  • Neurological CPC ・79 右下肢のしびれと脱力を初発症状とし,急速に進行する多彩な神経症状を呈し,診断に開頭脳生検を必要とした60歳男性 / 溝井令一・他 / p355~362
  • 海外文献抄録 / 大友英一 / p352~353
  • 書評 「アルコール依存の障害」赤井淳一郎著 / 山内俊雄 / p330~330
  • 書評 Pediatric Neurology:Principles and Practice KF Swaiman, S Ashwal編著 / 大澤真木子 / p354~354
  • 第30回日本神経精神薬理学会 / / p334~334
  • 第3回日本病院脳神経外科学会 / / p364~365
  • 次号予告 / / p351~351
  • 投稿規定 / / p367~367
  • 編集後記 / 河村満 / p368~368

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 Brain and nerve
著作者等 医学書院
書名別名 神経研究の進歩

脳と神経
巻冊次 52(4)
出版元 医学書院
刊行年月 2000-04
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 18816096 (v. 59, no. 1)
NCID AN00144970
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00033410
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想