Brain and nerve  36(4)

国立国会図書館雑誌記事索引 32(1):1980.1-35(11):1983.11 ; 53(1):2001.1-;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: 脳と神経 (32巻1号-58巻12号);タイトル関連情報変遷: 神経研究の進歩 (59巻1号-67巻12号);32巻1号-;総目次あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特別寄稿/創刊35周年を顧みて 「脳と神経」の昔と今 / 臺弘 / p305~306
  • 神経系腫瘍の生物化学的特性 / 高倉公朋 / p307~316
  • 非観血的網膜変性法によるラット外側膝状体の経時的形態変化 / 永田伴子 / p317~324
  • 生前extravasationを呈したMoyamoya病脳出血例の剖検所見 / 佐山一郎・他 / p325~331
  • 筋ジストロフィー症の発症機序に関する研究 ジストロフィー鶏におけるthiobarbituric acid反応物質の検討 / 大田恵子・他 / p333~337
  • 頸髄症患者における脊髄機能評価法としての体性感覚誘発電位(SEP)の意義 皮質SEPおよび脊髄SEPの比較検討 / 窪田惺・他 / p339~348
  • 大動脈クランプ法による犬全脳虚血実験モデルの検討 / 松前孝幸・他 / p349~355
  • 両側内頸静脈catheterizationによるアルゴン法における脳血流量(CBF)左右差の検討 / 井上信一・他 / p357~361
  • 短潜時体性感覚誘発電位(short latency somatosensory evoked potential)のgeneratorに関する臨床生理学的研究 / 浦崎永一郎・他 / p363~374
  • Familial type II a hyperlipoporoteinemia に合併した頭蓋内xanthomaの1症例 / 福島正昭・他 / p375~381
  • SMONその他の神経疾患に対する経皮的脊髄硬膜外刺激の経験 / 谷諭・他 / p383~388
  • 血清脂質代謝からみた脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血 高血圧性脳出血および脳梗塞との対比 / 野中信仁・他 / p389~395
  • Ethylnitrosourea経胎盤誘発脳腫瘍における発癌プロモーターの作用 第II報 発癌プロモーターとしてのTPAの作用機序 / 穀内隆・他 / p397~402
  • 書評 佐野圭司監修「中枢神経系のCT診断」 / 半田肇 / p337~337
  • 書評 H.Merritt編著,椿忠雄監訳「メリット神経病学第2版(原著第6版)」 / 平山恵造 / p355~355
  • 書評 甲田英一,古寺研一,平松京一著「画像診断のための知っておきたいサイン」 / 片山仁 / p374~374
  • 海外文献抄録 / 大友英一 / p404~405
  • 第13回脳卒中の外科研究会 / / p388~388
  • 訂正 / / p381~381
  • 投稿規定 / / p406~406
  • 次号予告 / / p361~361
  • 編集後記 / 大友英一 / p407~407

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 Brain and nerve
著作者等 医学書院
書名別名 神経研究の進歩

脳と神経
巻冊次 36(4)
出版元 医学書院
刊行年月 1984-04
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 18816096 (v. 59, no. 1)
NCID AN00144970
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00033410
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想