広島医学  37(9)(404)

廣島醫學會 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 3 (1) 1950.01~36 (10) 1983.10 ; 58 (1) (通号: 648) 2005~;本タイトル等は最新号による;出版地, 大きさの変更あり;1巻1号 (1948年11月号)-[ ] ; [ ]-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 図説 Cronkheit-Canada Syndromeの1例 / 田村泰三 他 / p1185~1186
  • 綜説 日本生理学会の回顧--佐武安太郎先生生誕100年によせて / 西丸和義 / p1187~1191
  • 陶器様胆のう--当院の1例と本邦報告例の統計的観察 / 石川哲大 他 / p1192~1196
  • 肝硬変症におけるTRH負荷時のプロラクチン及び人成長ホルモン動態--特に耐糖能異常に関連して / 末盛彰一 他 / p1197~1201
  • 胃癌外科治療の遠隔成績と問題点 / 小川勇一郎 他 / p1202~1208
  • リハビリテーションにより良好な経過をとった慢性関節リウマチの1例 / 椎野泰明 / p1209~1210
  • 重症心身障害児の転帰について / 三好和雄 他 / p1211~1214
  • 非癌性肺腫瘍の検討 / 倉西文仁 他 / p1215~1218
  • 転移性胸椎腫瘍の1手術例 / 畠秀治 他 / p1219~1224
  • 超音波ドップラー血管造影法による頸動脈分岐部病変の診断--ANGIOSCAN FLOW MAPによる正常例の検討 / 田草川良彦 他 / p1225~1231
  • 胸壁に発生したMalignant fibrous histiocytomaの1治験例 / 山本篤志 他 / p1232~1235
  • 腸回転異常を伴った胃不全破裂の1治験例 / 末田泰二郎 他 / p1236~1239
  • 肝血管腫のCT像 / 柏戸宏造 他 / p1240~1246
  • 超音波メスの使用経験 / 高橋信 他 / p1247~1251
  • 耳鼻咽喉科領域における長期経管栄養の問題点について / 工田昌也 他 / p1252~1255
  • 放影研欄 広島・長崎の原爆被曝線量再評価問題について--その経緯と現状及び将来 / 藤田正一郎 / p1256~1262
  • 補習講座 肝疾患診断における肝機能検査の選び方と進め方-経験症例を中心として- 司会のことば / 橋本和正 / p1263~1263
  • 補習講座 肝疾患診断における肝機能検査の選び方と進め方-経験症例を中心として- 1.内科の立場より / 川上広育 / p1264~1269
  • 補習講座 肝疾患診断における肝機能検査の選び方と進め方-経験症例を中心として- 2.外科的立場より / 永末直文 / p1270~1273
  • 補習講座 肝疾患診断における肝機能検査の選び方と進め方-経験症例を中心として- 3.小児内科的立場より / 上田一博 / p1274~1278
  • 補習講座 肝疾患診断における肝機能検査の選び方と進め方-経験症例を中心として- 4.小児外科の立場から / 横山隆 他 / p1279~1287
  • 地域医療 在宅「寝たきり老人」の実態調査. 第5報--5年間の動向ならびに発病前生活習慣と発病後の精神老化程度との関連 / 福山市医師会地域保健委員会 / p1288~1295
  • 地域医療 誕生日検診(その1) / 大利茂久 他 / p1296~1307
  • 学会だより 第31回広島がん治療研究会 / / p1308~1311
  • 学会だより 第104回日本小児科学会広島地方会 / / p1312~1317
  • 学会だより 第10回尾三医学会 / / p1318~1323

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 広島医学
著作者等 広島医学会
書名ヨミ ヒロシマ イガク
書名別名 The journal of the Hiroshima Medical Association

Hiroshima igaku
巻冊次 37(9)(404)
出版元 広島医学会
刊行年月 1984-09
ページ数
大きさ 30cm
ISSN 03675904
NCID AN00211943
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00020426
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想