日本癌治療学会誌 = The journal of Japan Society of Clinical Oncology  12(1)

日本癌治療学会

国立国会図書館雑誌記事索引 1 (1) 1966.03~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;並列タイトル変遷: The journal of Japan Society for Cancer Therapy (1巻1号-32巻5号)→ The journal of Japan Society of Clinical Oncology (36巻1号-);46巻1号から46巻3号には「日本癌治療学会学術集会」49回の表示もあり;34巻から41巻まで各巻1号は「日本癌治療学会学術集会プログラム号」, 各巻2号は「日本癌治療学会学術集会抄録号」として2分冊刊行. 42巻から46巻まで各巻1号は「日本癌治療学会学術集会プログラム号」, 各巻2号は「日本癌治療学会学術集会抄録号」, 各巻3号は「日本癌治療学会学術集会educational book」として3分冊刊行. 47巻以降各巻1号は「日本癌治療学会学術集会プログラム号」, 各巻2号は「日本癌治療学会学術集会educational book」として2分冊刊行;1巻1号 (Mar. 1, 1966)-;47巻3号は「JSCO」[電子資料] (USBメモリ) 50回として刊行, 48巻3号, 49巻3号は 「日本癌治療学会学術集会抄録号」 [電子資料] (USBメモリ) 51回, 52回として刊行

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 子宮頸部初期癌の診断と治療の問題 / 山崎正人 他5名 / p1~5<1817161>
  • 橋本病より発生したと思われる甲状腺原発細網肉腫の一症例 / 高橋良和 他6名 / p6~11<1817159>
  • 甲状腺髄様癌および多内分泌腺腫瘍症第2型の内分泌学的並びに臨床病理学的研究 第2編 甲状腺髄様癌の病態と治療方針 / 小原孝男 / p12~23<1817160>
  • ラジオオートグラフィーによる絨毛性腫瘍の研究 / 保科眞 / p24~32<1817162>
  • 第14回日本癌治療学会総会 / / p33~98<1817150>
  • 特別講演 1.癌の診断と治療における現況と展望 / 黒川利雄 / p33~34<1817151>
  • 特別講演 2.がん登録の意義 / 藤本伊三郎 / p34~36<1817152>
  • 特別講演 3.Functioning Tumorの概念と病理 / 笹野伸昭 / p37~39<1817153>
  • 特別講演 4.がん細胞の再分化 / 菅野晴夫 / p39~41<1817154>
  • シンポジウム(I) 主要臓器進行癌の治療成績の向上策 / / p42~55<1817155>
  • 総括意見 / 鈴木千賀志
  • 増田正典 / p42~42
  • 1)胃癌について / 間島進 / p42~43
  • 2)肺 / 尾形利郎 / p43~45
  • 3)子宮頸癌進行癌の治療成績の向上策 / 増淵一正 / p45~46
  • 4)乳腺 / 阿部令彦 / p46~47
  • 5)進行癌に対する放射線療法 / 北川俊夫 / p47~48
  • 6)化学療法 / 太田和雄 / p48~49
  • 特別発言 / 村上晃一 / p50~50
  • 特別発言 / 大田満夫 / p50~51
  • 質疑応答 / / p51~55
  • シンポジウム(II) 癌の免疫化学療法 / / p56~69<1817156>
  • 総括意見 / 和田武雄
  • 橘武彦 / p56~56
  • 1)癌細胞排除機構と免疫化学療法 / 橋本嘉幸 / p56~58
  • 2)細菌製剤による免疫化学療法 / 服部孝雄 / p58~59
  • 3)植物多糖体による免疫化学療法 / 千原呉郎 / p59~62
  • 4)リンパ球移入による癌の免疫化学療法 / 仙道富士郎 / p62~63
  • 特定発言-急性白血病のB.C.G.-Cell Wall SkeletonによるChemo-immunotherapy / 山田一正 / p64~64
  • 特定発言-細菌製剤による免疫化学療法 / 小川一誠 / p64~65
  • 特定発言-病態生理学的見地よりみた癌免疫化学療法の評価 / 涌井昭 / p65~65
  • 特定発言-Levamisoleによる脳腫瘍化学免疫療法 / 高倉公朋 / p65~66
  • 特定発言-発癌動物に対するリンパ球移入による癌免疫療法と臨床進行癌に対する癌局所動脈内濃厚白血球注入療法の成績 / 三井清文 / p66~69
  • 質疑応答 / / p67~69
  • シンポジウム(III) 小児悪性腫瘍の特性と治療 / / p70~86<1817157>
  • 総括意見 / 葛西森夫
  • 小川勝士 / p70~70
  • 1)年令の特性からみた実質性悪性腫瘍の治療 / 塙嘉之 / p71~72
  • 2)神経芽腫におけるカテコールアミン代謝 / 沢田淳 / p72~74
  • 3)神経芽腫の治療から見た特性 / 澤口重徳 / p74~74
  • 4)小児肝癌の病理と治療 / 渡邊至 / p75~77
  • 5)小児腫瘍とα-フェトプロティン / 土田嘉昭 / p77~78
  • 小児腫瘍とα-Fetoproteinに対する発言--AFP産生腫瘍における血清AFP値変動の意義について / 長谷川博 / p79~79
  • 6)Wilms腫瘍の化学療法 / 近江恵子 / p80~80
  • Wilms腫の化学療法に対する発言--新生児腎腫瘍とWilms腫 / 岡本英三 / p80~81
  • 質疑応答 / / p81~86
  • シンポジウム(IV) 癌化学療法の基礎と臨床 / / p87~98<1817158>
  • 総括意見 / 小山善之
  • 佐藤博 / p87~87
  • 1)制癌剤のスクリーニング / 佐藤博 / p87~88
  • 2)制癌剤の体内分布,排泄,代謝 / 藤田浩 / p89~89
  • 3)癌化学療法における肝薬物代謝酵素の動態と意義 / 大平貞雄 / p90~91
  • 4)癌化学療法の効果増強へのアプローチ / 木村郁郎 / p91~93
  • 5)進行消化器癌の化学療法 / 田口鐵男 / p93~94
  • 特別発言-多剤併用療法の基礎と臨床-ACNUと5FUの併用療法について / 星野章 / p94~95
  • 特別発言 / 仁井谷久暢 / p95~96
  • 特別発言 / 武正勇造 / p96~97
  • 質疑応答 / / p97~98
  • 第12回新潟癌治療同好会 / / p99~101
  • 第13回新潟癌治療同好会 / / p102~105
  • 第54回東北癌集談会例会 / / p106~108
  • 第23回乳癌研究会 / / p109~132

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本癌治療学会誌 = The journal of Japan Society of Clinical Oncology
著作者等 日本癌治療学会
書名ヨミ ニホン ガン チリョウ ガッカイシ = The journal of Japan Society of Clinical Oncology
書名別名 The journal of Japan Society for Cancer Therapy

日本癌治療学会学術集会educational book

日本癌治療学会学術集会プログラム号

日本癌治療学会学術集会抄録号

The journal of Japan Society of Clinical Oncology

Nihon gan chiryo gakkaishi
巻冊次 12(1)
出版元 日本癌治療学会
刊行年月 1977-03
ページ数
大きさ 25-30cm
ISSN 00214671
NCID AN00187361
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00018418
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想