形成外科  40(2)

国立国会図書館雑誌記事索引 5(2):1962.4-;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery (5巻1号-49巻12号);刊行頻度: 変更あり;5巻2号から13巻6号まで「らい形成外科」を収載;5巻1号(Jan. 1962)~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Editorial / 奈良卓 / p131~131
  • 手技 ミニプレート固定を用いた外反母趾手術(Mann法)の成績 / 木下行洋 ほか / p133~141
  • 手技 屈指症手術へのdigito-lateral flapの応用 / 片岡裕晶 ほか / p143~148
  • 手技 広背筋弁を併用した生食バッグによる乳房再建術について / 大山知樹 ほか / p149~154
  • 手技 胸壁再建における支持組織再建法の検討--骨セメント塗布マーレックスメッシュ法の有用性について / 原口彰 ほか / p155~162
  • 経験 前腕・手・指再接着:新分類に基づく自験例150例の検討 / 平瀬雄一 / p163~173
  • 経験 指掌側皮膚欠損に対する逆行性背側指間皮下組織島状弁の経験 / 村井繁廣 ほか / p175~181
  • 経験 Homodigital subcutaneous flapの経験 / 松浦慎太郎 ほか / p183~187
  • 症例 創外固定器を用いたFreiberg病の治療経験 / 栗原邦弘 ほか / p189~194
  • 症例 正中鼻瘻孔の一例 / 白壁理志 ほか / p195~198
  • 症例 Van der Woude症候群の1例 / 喜多陽子 ほか / p199~204
  • 症例 先天性上下顎骨癒合症の1例 / 惣角卓矢 ほか / p205~210
  • 症例 Elastofibroma dorsiの1症例 / 戸田千綾 ほか / p211~214
  • 遊離皮膚移植回想--日本で植皮が着くようになるまで / 難波//雄哉 / 215~221<4140935>
  • 外国文献抄訳 / / p223~237
  • 学会案内 / / p238~238
  • 次号予定目次 / / p221~221
  • バックナンバー / / p239~
  • 投稿規定 / / p244~244

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 形成外科
著作者等 克誠堂出版株式会社
書名ヨミ ケイセイ ゲカ
書名別名 The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery

らい形成外科

Japanese journal of plastic surgery

Keisei geka
巻冊次 40(2)
出版元 克誠堂
刊行年月 1997-02
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00215228
NCID AN00072268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想